眉毛を抜くのはNG! 美顔を作るための4つの約束

眉毛を抜くのは、NG習慣だと知っていましたか?

眉毛は、抜くのが当たり前だと思われがちです。しかし、眉毛を抜くとまぶたが垂れ、老け顔になってしまうというリスクも……。

今回は、美顔を作るための4つの約束をご紹介します。眉毛を正しくケアするだけで、顔の表情が劇的に若返りますよ。眉毛を抜くのは、今日で終わりにしましょう。

美顔を作るための4つの約束

1.眉毛は抜かない

眉毛は、その人の骨格に沿って生えています。そのため、やみくもに抜いて形だけを整えようとすると、表情が不自然になったり、皮膚を傷めてしまう恐れも。

眉毛は抜くのではなく、伸びた分だけをハサミで切って、左右のバランスを整えるのが正解。こうすることで、自分の顔に合った、ナチュラルな眉毛が簡単に仕上がります。

 

2.たるんだまぶたは保湿でケア

まぶたの皮膚は「ティッシュ1枚よりも薄い」と言われており、とてもデリケートです。そのため、眉毛を抜くだけでもまぶたには過度の負担がかかってしまい、結果的にたるんでしまうことも。

もし、まぶたのたるみが気になる場合には、専用のアイクリームなどを使って、十分な保湿ケアを行いましょう。水分補給が行き届いたまぶたにはハリができ、たるみを目立ちにくくさせる効果があります。

眉毛を抜くのはNG! 美顔を作るための4つの約束

3.眉毛はカラーリングしない

最近では髪の毛の色に合わせて眉毛をカラーリングしている人も多くいますが、こちらも実はNG習慣です。

髪の毛と同様に、染め続けた眉毛は痛み、抜けやすくなってしまうので注意が必要です。また、カラー剤は目元の皮膚を傷めてしまうだけでなく、乾燥してシワになる恐れも。

眉毛の色を変えたい場合は、カラーリングではなく、眉マスカラを使いましょう。眉毛はまつ毛とは違って涙が付くことはないので、ウォータープルーフにこだわる必要はありません。色さえ付けば問題ないので、100均などのプチプラコスメを試してみるのもおすすめです。

眉毛を抜くのはNG! 美顔を作るための4つの約束

4.眉毛の形を変えたい場合は抜かずに脱毛する

どうしても眉毛の形を変えたい場合は、毛抜きで抜くのではなく、サロンで脱毛してもらいましょう。抜くよりもまぶたや皮膚に負担をかけることなく、眉毛の形を整えることができます。

しかし、一旦脱毛してしまった眉毛は生えてきませんので、ライン取りは慎重に。特に、トレンドだからと言っても、元の眉毛からかけ離れた細眉などの形にするのは危険です。

眉毛は、顔の印象を大きく左右します。後から、描いたりタトゥーを入れたとしても、自然体に戻ることはありません。

脱毛をする場合は、眉毛と眉毛の間の産毛を処理したり、眉山の位置を低くするなど。様子を見ながら、少しずつ眉毛を減らしていきましょう。

眉毛を抜くのはNG! 美顔を作るための4つの約束

眉毛の形で悩んだ時は、専門のサロンへ

意外と奥が深い、眉毛のケア。

眉毛は顔のパーツとは言え、その形にはトレンドもあるので、セルフケアには限界があるのも事実です。

眉毛の形で悩んだ時は、専門のサロンでケアをしてもらいましょう。プロに眉毛の形を整えてもらうだけで、自分の顔に自信が持てるようになりますよ。間違ったケアで後から後悔しないためにもおすすめです。

nanaの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…