避妊失敗(泣)緊急避妊薬(アフターピル)の正しい知識

ちょ!まっ!ああっ!?

まじめな恋学読者の皆さんは、もちろんセックスの際避妊はしっかりされていると思います。思いますがやっぱり人間、失敗してしまう事もあるでしょう。直後にシャワーでガンガン流せば妊娠しないとか都市伝説みたいな事をして後で泣かないよう、今日は失敗してからでも対処可能な緊急避妊薬、別名アフターピルについてご説明します。

アフターピルとは避妊失敗後に緊急的に飲む事後避妊薬

アフターピルとは簡単にご説明すると、セックスの後に妊娠しないために飲むホルモン薬の事です。一般的に知られている毎日服用する低容量ピルとは異なり、避妊失敗後に緊急的に服用するホルモン薬となります。そして種類は現在2種類あります。

1:ヤッペ法
性交後72時間以内にプラノバールと言われる薬を2錠服用、その12時間後にさらに2錠服用します。この後説明するノルレボよりも安価ですが副作用が強く、避妊率もやや低いのが特徴です。

2:ノルレボ法
こちらも72時間以内に2錠の薬を服用します。ただし2回目の服用は必要ありません。現在日本で正式に認められた緊急避妊薬がノルレボ法で、ヤッペ法にくらべ副作用が少なく、値段が高価なのが特徴です。

処方してもらう際の注意点

2種類の薬があるとわかったところで、処方してもらう際の注意点をご紹介します。

①時間
まずは時間について。どちらの薬も性交後72時間以内に服用する必要があります。72時間を過ぎても避妊効果はあるそうですが、時間が経過すればするほど当然ですが避妊効果は弱まるので注意が必要です。

②費用
ヤッペ法とノルレボ法では費用が異なります。どちらも自由診療になりますので、病院によって金額は異なりますが、ヤッペ法で平均5,000円〜7,000円、ノルレボ法で10,000円〜20,000円程度かかります。副作用が低いノルレボ法を推奨する病院も多いのですが、費用面からヤッペ法を選ぶ女性も多いそうですよ。

③避妊率
そして避妊率にもそれぞれ差があります。72時間以内に薬を服用した場合、ヤッペ法で75%程度、ノルレボ法で85%と言われています。そう、アフターピルの避妊率は100%では無いのです!

絶対忘れないでほしい副作用の話

最後は忘れちゃいけない副作用の話。ヤッペ法とノルレボ法では副作用に差があります。どちらも吐き気や生理痛に似た症状が出ると言われていますが、ノルレボ法の方が、ヤッペ法にくらべて副作用も少ないと言われています。そしてヤッペ法で薬を服用した女性の中には、あまりの吐き気から薬を含め嘔吐してしまった女性もいるのだとか。カラダへの負担と金額面、どちらを重視するか悩むところかもしれません。

今日はあまり考えたくはないですが、知っておいてほしい緊急避妊薬についてご紹介しました。いくらノルレボ法がカラダに負担が少ないと言っても、無理矢理ホルモン量を動かすことになるのですから、出来るだけ避けたい対処法です。女性の皆さん、カラダは大事にしつつパートナーとの関係を築いていってくださいね。

この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…