3通目:不倫叩きの「キモチワルさ」(きのコ→たかだまなみ)

こんにちは、きのコです。

今回のテーマはずばり「不倫」。

たかださん、恋学女子の皆さん、不倫ネタ、好きですか? メディアに流れる不倫報道にかぶりついたり、不倫報道について友達や同僚と盛り上がったりしてますか?

 

前回記事はこちら↓↓
2通目:結婚が「救い」って、何でしょう?(きのコ→たかだまなみ)

不倫が急増?!

2016年1月のベッキー騒動以来、最近の不倫報道の加熱ぶりには、目をみはるものがあります。

「不倫」という単語が含まれる番組もしくはコーナーの放送時間の合計は、2015年には21時間29分だったものが、2016年には170時間05分。不倫報道に割かれる時間は、ベッキー騒動以前と以後で、なんと8倍近くにも急増しているのです。

≪参照≫境治「私たちは「人の不倫をなじること」に侵されている ~テレビは何時間不倫を報じたか~」Yahoo!ニュース(2017年8月30日11時37分)
https://news.yahoo.co.jp/byline/sakaiosamu/20170830-00075044/
3通目:不倫ってどうなの? 私たちの不倫の考え方(きのコ→たかだまなみ)

不倫とはある一つのライフスタイル

いったい、いつから私たちはこんなに「不倫ネタ」でヒートアップするようになったのでしょうか。

インターネット上には、不倫をバッシングする発言が溢れています。「人間を名乗らないで欲しいくらい無理」「不倫は畜生のする事」「不倫肯定するのは総じてクズの匂いがする」などなど、激しい言葉が飛び交っています。

「ポリアモリー当事者です。全員にオープンにして合意を得たうえで、複数のパートナーとお付き合いしています」と言うと、「ポリアモリーって、不倫の正当化では? 不倫との違いはあるんですか?」と必ずと言っていいほど尋ねられます。

私はいつも、「ポリアモリーと不倫とは、二つの異なるライフスタイルだと思います」とお答えしています。

不倫とはある一つのライフスタイル、ある一つの人間関係のかたちだと、私は思います。具体的には、パートナーに嘘をつき、あるいは秘密をもって、他の人とセックスをすることだと理解しています。

一方でポリアモリーは、複数の人と性愛関係を結ぶライフスタイルという点は不倫と同じですが、その関係について関係者全員の合意を得ているという点が異なるのです。

というように不倫とポリアモリーには違いがあるものの、私自身は不倫=悪、ポリアモリー=善、と喧伝することには違和感があります。ポリアモリーを認めてもらうために不倫をまるで仮想敵国のように攻撃して生け贄にすることが生産的だとは感じられません。

不倫が善いとか悪いとかは問題の本質じゃないのです。不倫が善いとか悪いとか言う人の「キモチワルさ」が問題なのです。

不倫を蛇蝎(だかつ)のごとく忌み嫌う人って、本当は自分も「不倫したい!」と思っているけれど、我慢している人なのではないでしょうか。

彼らの潜在的な怒りが不倫報道のニーズになっているのでは……? 昨今の不倫バッシングについて、たかださんはどう考えますか?
3通目:不倫ってどうなの? 私たちの不倫の考え方(きのコ→たかだまなみ)

不倫にも種類があるのでは?

さて、不倫と一言でいいますが、もう少し掘り下げて考えてみましょう。

かたちとして同じ不倫でも、その質や目的には、いくつかのパターンがあるのではないでしょうか。

 

・恋愛したら結果的に不倫になってしまったパターン

・後腐れのないセックスがしたくて不倫するパターン

・「隠れてするから楽しい」「寝取るのが楽しい」など不倫だからこそ楽しむパターン

 

私は、不倫にはこのような種類があるのでは? と考えています。このような区分についてはぜひ、たかださんの意見も聞きたいところです。

そして、私がもっとも興味深いと感じているのが三つ目の「不倫だからこそ楽しい」というパターンです。

このような不倫は、いわば痴漢や麻薬のようなもの。「リスクが大きいほど、スリルを感じて盛り上がる」という一面があると思います。

ロミオとジュリエットだって、モンタギュー家とキャピュレット家が血で血を洗う敵同士でなかったら、あんなに恋のハードルは上がらなかったし、あんなに燃え上がることもなかったのではないでしょうか。

ハードルの高い恋愛ほど、めくるめくような快感をもたらす(この心理現象はまさに「ロミオとジュリエット効果」と呼ばれるそうです)ものであり、その構造は依存症に近いように思われます。

「やめたいのに、やめられない」「誰かに止めてほしい、と思いながらも続けてしまう」「バレると、却ってホッとする」……そんな苦しさも不倫にはあります。
3通目:不倫ってどうなの? 私たちの不倫の考え方(きのコ→たかだまなみ)

不倫のトリガーとは

何がその人に不倫をさせてしまうのか。不倫のトリガーは何か。

不倫をすることにも、不倫を叩くことにも、抑圧や不満の捌け口としての一面があるのではないかと感じています。そういった視点をもたずに「不倫は自己責任」とバッシングしていても、不倫も、それで傷付く人も、なくならないと思います。

不倫で傷付く人を出さないためには、「なぜ、不倫してしまうのか」をもっと掘り下げて考えていくことが必要なのではないでしょうか。

 

(あなたはどっち派!?恋学アンケート実施中!!)
(1)他人が不倫していたら、どう思いますか?

きのコ&(株)たかだまなみの他の記事を読む


この記事どうだった?

6いいね!

2うーん…