結婚資金の相場は? 結婚式にかかる費用をリサーチ

「結婚しよう!」と考えた時に結婚式の費用がいくらかかるのか、心配ですね。

そこで結婚式をするためにいくらくらい結婚資金が必要かリサーチします。結婚資金=貯金額ですが、結婚式の費用は多少手伝ってくれる親が多いのも事実。では、結婚にかかる費用を見ていきましょう!

結婚するにはいくら必要?

結婚式にかかる費用

結婚式にかかる費用の相場は、きちんとしたホテルの結婚式場でするとおよそ300~350万円位かかります。

その内訳は参列者の食事・引き出物・結婚式料金(神前・チャペル・人前)・二人の衣装代・着付け料金・写真代・会場生花代・ビデオ代などです。

当然、チャペル挙式でドレスを1着しか着ない場合は、金額が抑えられます。

一般的に女性は和装(白無垢・色打掛)・洋装(白ドレス・カクテルドレス)の4点と男性が和装・タキシード(白・色)の3点なので、衣装代だけで80万円から100万円かかる場合もあります。

結婚式前にかかる費用は?

結婚式に前にかかる費用はあるのでしょうか? 結婚式前には、結納品を新婦側に贈ったり、結納を行うための会食が必要になります。

結納の品は男性側が用意します。婚約指輪10~30万円に、結婚指輪5~15万円、結納品代10~20万円、結納金(50~100万円)を準備するのが一般的です。

結納をする会食代は女性が支払います。結納金をもらったらその1割の金額を男性にプレゼントします。

お返しの内容は、スーツや時計などが多いようです。たまに新婚旅行代を結納返しでするカップルもいるみたいですね。

ということで、結婚式前にもまとまったお金が必要になります。結婚資金の相場は? 結婚式にかかる費用をリサーチ

新婚旅行も考えて!

国内と海外で金額も違ってきますが、国内旅行なら10万~15万円、海外旅行なら30万~50万円の旅行代がかかります。

それにお土産代もプラス10万円は必要になるでしょう。

新婚生活にもお金は必要!

新居の準備

結婚後の新居はどうでしょう。同居するなら費用も抑えられますが、アパートなどで二人で暮らす為には、準備金が必要になりますね。

敷金や礼金などが必要になります。相場を調べると敷金1ヶ月+礼金1ヶ月+前家賃1ヶ月に仲介手数料や火災保険料など、色々な雑費で家賃が7万円とすると30万円ほどかかる計算になります。

最近は敷金礼金がないという物件もあるので、新居に費用をかけたくない人はそちらを優先して探すようにしましょう。結婚資金の相場は? 結婚式にかかる費用をリサーチ

最終的にいくら必要?

結婚式ではお祝儀が入る

結婚式の相場金額は300万円以上かかりますね。しかしながら、結婚式に参列する方は皆さんご祝儀を持ってこられます。

最低でも一人2万円×人数分は金額が入ります。それを総額から引くとだいたい100万から150万円の手出しとなります。

それを新郎側と新婦側で6:4や7:3の比率で計算します。また、結婚式の場合両親が多少手助けをしてくれます。そこを考えると結婚式では、新郎新婦が払うお金は少ないです。(親に甘えられればの話ですが)

貯金がなくても結婚式は、お祝儀で全部まかなうこともできるので、結婚式場やレストランなどで相談してみましょう。結婚資金の相場は? 結婚式にかかる費用をリサーチ

最終的には結婚資金いくら必要なの?

先ほど話したように、結婚式自体はどうにかなります。しかし、新居の準備や新婚旅行、結婚式の前準備などから考えてやはり100万円は貯めておいた方がいいでしょう。

なかなか自分で貯金ができない人は、お給料から財形貯蓄として、1万円や2万円を積み立てることをおすすめします。

給料から引かれていると、残りで生活をしますので勝手に貯まっていきますよ。ボーナスも半分は貯金に回すなど工夫してみましょう。

結婚した後も幸せな生活を送るために、ある程度の蓄えは必要です。結婚を考える相手がいる人は、今のうちから少しずつ貯金しておきましょう。

KKYOKOの他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…