スローピストンの勧め

今回はセックスで男性が必ずするピストンについて、愛情を深めるという視点も踏まえて考えてみたいと思います。

AVの罪

男性はセックスのテクニックをAVから学ぼうとします。それは大きな間違いで、ほとんどのAVは男性がただ気持ち良くなり、自慰行為がしやすい映像を作っており、女性の気持ちは度外視しています。

一方、女性のためのAVというのは市場としては非常に小さいです。セックス=AVとなってしまっている日本では、中々男性が本当に女性が求めるセックスを理解することもままならない状況だということを理解しておきましょう。スローピストンの勧め

ピストンをゆっくりしてと伝える

ある調査によれば、女性が男性器を挿入してほしいと望む時間の平均は約15分ほどと言われています。一方、激しいピストンで果てることを目的としたAVのようなやり方をした場合、ほとんどの男性は5分と保たずに射精をして自分だけが気持ちよいセックスで終わってしまうようです。

先ほどお伝えしたように男性が女性が求めるセックスに気づくことができづらい環境なので、あなたから「ゆっくり長く挿れてほしい」ということを伝える勇気が必要となります。

愛し合う時間が長くなることの効果

ゆっくりピストンをするということは、男性側は一気に気持ちよくなるのではなく、弱く継続的にその刺激を味わうことになります。女性もどんどん盛り上がって、激しいピストンの短いセックスよりも、より感じていることを男性に見せることができます。そうすると、お互い愛し合い、いたわる気持ちも長くなっていきます。

スローピストンは何も女性だけが気持ちよくなるためのテクニックではないのです。スローピストンの勧め

セックスのテクニックはお互いに愛情を深めることだとわかる

スローピストンをしていくと、セックスの時間が長くなりますから、それだけお互いを愛し合うことへの意識が強くなります。激しいピストンをするだけだった男性が、あなたと長くピストンをしながらセックスを楽しむための工夫をどんどん考えるようになっていきます。

スローピストンを通じて、セックスは気持ちよく果てることだけではなく、愛情表現の1つとして気づくことができます。スローピストンの勧め

いかがでしたか?

AVはあくまでも男性のためのものであり、女性は積極的に見ないと思います。セックスに求めるものの男女の違いを、今回の記事をきっかけにして1人でも多くのカップルが考えてくれればと思います。

神崎志乃の他の記事を読む


この記事どうだった?

26いいね!

0うーん…