男性が気になる相手にだけ見せる秘密のサイン3つ

服装やメイクへの気合いがわかりやすかったり、ボディタッチなど好感度を測る指標の多い女子に比べ、男性の好意は「わかりにくい」「どうやって感じとればいいの?」と相手を悩ませがち。「私って、遊ばれてるだけなのかしら…」と悩んだ経験、あなたにもありませんか?

男性が気になる相手にだけ見せる秘密のサイン3つ

そこで今日は、数多くの媒体で恋愛コラムを手がける筆者直伝! 男性が飲み会の場などで、“気になる相手にだけ”見せる秘密のサインを3つご紹介していきましょう。心当たりのある方は今すぐ、逆アピールを開始して!

■飲み会で常に“向かいの席”にいる
「いやいや、好きならばそこは隣の席に座るでしょう」とツッコミを入れたあなた。まだまだ男性の心がわかっていないと言えるかも!?

確かに男性はデートの際、なるべくであれば隣の席に座れるような横並びのお店を探す傾向にあります。しかしながら、まだ片思い…しかも会社やサークルなど、グループで仲の良い間柄だったらどうでしょうか。

「密接な距離にいたい」と願うよりまず先に、「できるだけ多くの時間、あなたの表情を見ていたい」と思うものなのでは? そういうもどかしい感情を抱いている時こそ、“気になる相手にだけ見せる”サインが表れると言えるのではないでしょうか。

■長めの“視線”…でも、ぶつかるとすぐに外される
また、次に図りやすいのはやっぱり“視線”です。すでに多くの方が意識されているかとは思いますが、気になっていない人に視線を移さないというのが人間の本能でしょう。

前述の項目と合わせて考察するならば、向かいの席に座っているはずなのに、あなたが前を向いている時はあまりこちらを見ない。あなたが他の人の方へ視線を移した時にこそ、じっと熱い眼差しを感じませんか?

ぶつかったらわざと外す。まさにそれが、視線だけではない…恋全般、駆け引きの法則なのかもしれません。

■あなたの話を熱心に聞き、“相槌”を打ってくれる
そして最後がこちら。「相槌の上手い女性はモテる」とよく聞きますが、それは男性においても同じこと。気になる人が話す内容であれば自然と感情移入して聞いてしまうものですし、心のメモにしっかりと書き留めておきたいと願うものでしょう。

ですから、もしあなたの周りで「この人、私の言ったことを本当によく覚えてくれているな」という彼がいたら、きっとそれは恋の始まり。あなた自身も彼のことを注力して観察してみて。

“聞き上手”の“褒め上手”は男女問わず、モテの秘訣とも言えるので是非参考にしてみてくださいね。

いかがでしたか? 親しい関係だからこそのサイン。見逃さない女子こそが、真の“モテ子”と呼ばれるのかもしれません。
(ゆきち)

この記事どうだった?

13いいね!

24うーん…