人気の衰えない『おバカキャラ』に学ぶ、愛され女の秘訣【後編】

性別や年齢を問わず好感度が高い「おバカキャラ」。タレントとしての人気だけでなく、プライベートでも「素敵な相手との結婚」というひとつの大きな幸せの形を実現している彼女たちが、みんなに愛される理由とは? 【前編】(http://woman.excite.co.jp/article/love/rid_E1409617072146/)に続き【後編】では、異性にモテる秘訣を分析していく。

人気の衰えない『おバカキャラ』に学ぶ、愛され女の秘訣【後編】
■1.大切なのは、「駆け引き」よりも「尽くしかた」
彼女たちの中でも、「幸せな結婚」と聞いた時にまず思い出すのは、某有名スポーツ選手とゴールインしたあの女性だろう。

彼と結婚したことでさらに一目置かれ、献身的に支える様子が話題にもなり、普通だったら嫌われてしまいそうなところなのにも関わらず、辛口の書き込みが多いネット上でも手料理などが絶賛されていた。

彼女を見ていて感じるのは、ただやみくもに尽くす「都合の良い女」ではなく、相手の男性が必要としていることをきちんと汲み取り、それを精いっぱい返そうとしている姿勢。これは男性にとってはたまらないのではないだろうか。

尽くすべき時にはちゃんと尽くせる、そのポイントがわかっていることは、恋愛ではもちろん、結婚をしてから長く幸せに過ごしていく上でもとても大切に要素だと思う。

また、陳腐と言われるかもしれないが、「料理」というのはやはり重要なポイント。ちなみに最近、年配の割烹着姿の女性が迎えてくれる、昔ながらの定番メニューがそろった定食屋が若い世代も含め男性に大人気だそうだが、「心のこもった手料理を食べたい」という想いはどうやら不滅なようだ。

「胃袋をつかむ攻撃」はあからさまだと重くなってしまい逆効果だが、やはり料理はできて損はない! と言えそうだ。

■2. 優秀な男の心を射止めるのは、進化型「癒し系」
いくら時代が変わっても、女性に癒しを求めている男性は変わらず多い。しかも外では自分を奮い立たせ頑張っている男性ほど、本当に好きな相手の前では弱さや脆さもさらけ出したいという願望が強い。

男心を理解し、支えることで相手に力を与える…。一昔前のただほんわかした「癒し系」とは違い、積極的に男性を支えることで癒す、「進化型癒し系」。いわゆる社会的に成功するようなパワーのある男子ほど、そんな女性を求めるのかもしれない。

一方これは、昔から男性が持ってきた、定番の「理想の女性像」とも言える。そんなのはつまらない、イマドキ古臭いと切り捨てるか、活かせる部分はうまく参考にして「イイ男」の心をつかむか…。あなたはどう思う?
(Sahyu)

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…