社会人になると出逢いがあっても恋愛まで発展しない……その理由は、ある「呪縛」のせいかも!?

「もう社会人だから」という暗黙の呪縛。感じたことはありませんか? 恋愛においてこの言葉は、時に人を「束縛」します。

世間体。なんのことでしょう? あなたの恋活はあなたにしかできないこと。自由に楽しく社会人ならではの、素敵な出逢いしちゃいましょう!

出逢いを邪魔する呪縛とは?

これ以上「深入りしたくない」という世間体呪縛

社会人になると、仕事の関係者と知り合う機会に恵まれますが、プライベートまで深入りしないという、見えない約束事のようなものがあります。

でも、人間関係において境界線を引くことに慣れてしまうと、出逢いがあっても発展しにくいのかもしれません。

踏み出してみると案外「秘密のふたり」というシチュエーションに燃え上がってしまう方もいるようですが……。社会人になると出逢いがあっても恋愛まで発展しない……その理由は、ある「呪縛」のせいかも!?

「気づいたら会社と家の往復生活が安心」というマンネリ鈍化呪縛

学生時代の頃と比べて社会人になると拘束時間が長くなるうえ、責任という言葉も重くのしかかってきます。

仕事を頑張るあまり、気づくと職場と家の往復生活になっていることも……。それでは、そもそも素敵な出逢いなど期待できないですよね。

「旧友の結婚で羽目を外せる仲間が消えていく」という孤独呪縛

学生の頃は、朝まで飲んで楽しく過ごしていた友人も、結婚し、いつの間にかママデビュー。

新米ママとなった友人を、飲みに誘うのは勇気がいりますよね。そのような周囲の変化は、行動範囲を狭める要因でもあるようです。社会人になると出逢いがあっても恋愛まで発展しない……その理由は、ある「呪縛」のせいかも!?

出逢うにはどうすればいいの?

家と職場の往復ばかりの生活ならば、いつもとは違う景色を見てみましょう。たとえば、普段は行かない場所に行ってみたり、行きつけの店を開拓してみたり、習い事を始めたり。

それだけでも、出逢いの可能性は広がります。

出逢いを求めるということは、転機を期待しているということ。心の奥底で「あなたは変わりたい」「今の生活から抜け出したい」という願望がくすぶっているはずです。

だからこそ、今の生活とは違うことを始めてみてはいかがでしょう。出逢いがない自分ではなく、まずは、出逢いまでのプロセスを愉しむ自分に出逢うのです。

そこで、おススメの出逢いの場をご紹介しましょう!

相席の飲食店やゲームができる相席系バー

友達と行くならば、近年話題の相席系飲食店を利用するのも手です。相席系飲食店とは、相席となった異性と飲食を楽しむ、大人の社交場です。

お店にもよりますが、女性は無料であることが多く、居酒屋風の庶民的なお店から、ラウンジ型のハイクラスなお店まであります。

でも、見知らぬ異性と飲食するのは苦手という方もいますよね。

そういう方は、店員がゲームなどで場の盛り上がりを手助けしてくれるタイプの「出逢い系バー」はいかがでしょう。

会話メインではないので、盛り上がりながら相手を観察することができておススメです。社会人になると出逢いがあっても恋愛まで発展しない……その理由は、ある「呪縛」のせいかも!?

マッチングサイトを利用してみる

飲食につき合ってくれる友達がいる場合はいいですが、やはり毎回だと誘いにくいですよね。それに、出逢いを求めていることを知られたくないことも。

そのような方は、マッチングサイトや街コンなどがいいでしょう。ひとりでも気軽に利用でき、誰にも知られることなく理想の彼と出逢える可能性もありますよ!

なつくまの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

1うーん…