【12星座占い】バレンタインが失敗した人必見! 振った彼へのリベンジ方法

バレンタインデーから一週間程経ちました。幸せだった人もいれば、悲しい思いをされた方も少なくないのでは……。

いい反応が返ってこなかった……。振られた……。結局チョコを渡せなかった……。

今回お伝えするのは、意中の彼の星座別バレンタインリベンジ法。苦い思い出を乗り越えてぜひ、好きな彼に再度アタックしてみてください。

まずは牡羊座から蟹座の彼

■牡羊座の彼

彼はライバルがいると燃えます。あなたが他の異性といちゃつくところを、わざと見せつけるとリベンジできるはず。

その後、彼に「今何してる?」などとメールかLINE(ライン)を送ると、きっと「会いたい」と返信がくるでしょう。

 

■牡牛座の彼

彼はかなりスキンシップ好き。彼と話すときは、手や肩にひんぱんにタッチすると、きっとドキドキさせられます。

できれば、とりあえずホテルに誘ってエッチしまくりましょう。「この子とは体の相性がいい!」と、思わせることができれば、リベンジできるからです。【12星座占い】バレンタインが失敗した人必見! 振った彼へのリベンジ方法■双子座の彼

彼は、好奇心旺盛。次々と目新しい恋を見つけては、胸をときめかせます。リベンジは難しそうな相手ではありますが、大丈夫。

まずは、あなたがイメージチェンジ。髪型や服装をがらりと変えましょう。別人のように変身したあなたを見れば、きっと彼の心は燃えるはずです。

 

■蟹座の彼

彼はかなりのマザコン。だから「お母さんはどんな方なの?」とか、「お母さんのつくる料理で好きなものは何?」と聞いてみるといいでしょう。

そして、お母さんの雰囲気を真似てみたり、おふくろの味を再現した料理を差し入れしてあげれば、きっとリベンジできます。

次に獅子座から蠍座の彼

■獅子座の彼

とにかく彼をほめることです。彼の服装や髪形、性格などをとりあげて、「ここがいいよね」と、何度もしつこく言いましょう。

彼はプライドがかなり高くて、自分に自信を持っています。ほめれば、やっぱりあなたこそ一番の理解者だと思ってくれて、リベンジできます。

 

■乙女座の彼

彼はあまり恋愛経験が豊富ではないでしょう。でも、恋愛攻略本などをたくさん読んで、女性を喜ばせようと努力をする人。

だから、その努力が報われていることを示してあげましょう。「一緒だと安心する」「エスコート上手だよね」などと言い、自信をもたせてあげるとリベンジできます。【12星座占い】バレンタインが失敗した人必見! 振った彼へのリベンジ方法■天秤座の彼

彼はかなりナルシスト。一日に何度も、鏡をのぞきこみ自分で自分にうっとりしているかも。自分になびかない女はいない。そう思っているはず。

その気持ちを刺激すれば、リベンジできます。まず、彼をたくさんほめましょう。きっと彼はあなたに夢中になります。

 

■蠍座の彼

彼にリベンジするには、彼が弱っている時に支えてあげるといいでしょう。彼が何か失敗した時がチャンス。

「大丈夫。あなたならきっと乗り越えられるよ」などと言って、なぐさめてあげること。できれば、一晩中彼のグチを聞いてあげると、彼はあなたしか見えなくなります。

最後に射手座から魚座の彼

■射手座の彼

彼は、大人数で何かをすることが大好き。リベンジするには、まずは「みんなで鍋やるけど来ない?」などと誘いましょう。

そして、彼が来てくれたら隣の席に座り、テーブルの下で手を握ってみることです。彼は、そうした大胆なことをする女性が、きっと好きなはずです。

 

■山羊座の彼

彼は真剣な恋しかしません。だから「私あなたのことだけはあきらめられない」と、彼の目をじっと見つめて言い、真剣さをアピールすれば、リベンジできます。

それから、彼は意外とエッチ。セックスしようと誘うのは有効。彼ならば、あなたをセフレにすることなどなく、責任を持ってつきあってくれます。【12星座占い】バレンタインが失敗した人必見! 振った彼へのリベンジ方法■水瓶座の彼

彼にリベンジするには、まずは彼が興味を持っていることにあなたも興味を持ち、教えてほしいと頼むといいでしょう。ただし、友達以上恋人未満の関係が続いても、少し我慢を。

一緒にいる時間が増えていけば、彼の心の隙間に入り込むチャンスはできます。愛情表現は「好き」よりも、「尊敬してるよ」と言うのが有効。

 

■魚座の彼

彼を口説くならば、泣き落としが一番。「どうしてもあなたじゃないとダメなの~」と泣きながらすがれば、きっと彼の心は動くでしょう。

もしそんな演技などできないと思うならば、彼と一緒に「泣ける映画」を見にいきましょう。映画を見た後、悲しみの余韻にひたっている時に再度彼に告白すれば、リベンジできます。

紅 たきの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…