【ラブホスタッフの上野さん】やりたいことが見つかりません

【ご質問内容】

今の業務はただ言われたことをやるだけで、私の「やりたいことではない」ということはわかっているのですが、かといって他に自分のやりたいことが思いつきません。

周りの同僚は自分のやりたいことを見つけ、マネジメントの道に進んだり、プロフェッショナルになったりしています。

自分のやりたいことがわからないままダラダラとキャリアを重ねていくのに不安を感じています。自分のやりたいことはどうやって見つけているのでしょうか。
(30歳/女性/会社員)

「やりたいこと=マネジメント」なんて人間はいない

【回答】

ご質問誠に有難うございます。

ご質問者様は同僚を見て「やりたいことを見つけた」とお考えのようですが、それは厳密には違います。

これは「お金」を例にすると分かりやすいでしょう。

実は、この世界にお金そのものが欲しい人間なんてほとんど存在しないのです。

もちろん私もお金は欲しいと思いますが、それは「手段」としてお金が欲しいだけに過ぎません。

例えば「紀州のドンファン」こと野崎幸助さんは金融などで膨大な資産を築きましたが、彼は著書の中で「良い女とセックスをするためだけにお金を稼いだ」と豪語しております。つまり彼の場合は「良い女とセックスをする」というのが目的であり「お金」はその手段に過ぎないと言えるでしょう。

世の中にはお金そのものが欲しい人間などほとんどおりません。

私たちはお金ではなく、お金によって得ることができる「快楽」を欲しているのです。「美味しいものが食べたい」「いいところに住みたい」という分かりやすい快楽もあれば、逆に「お金がないことで感じる苦痛から逃れることができる」というのもまた快楽でしょう。極端な例になりますが「ホームレスになりたくないからお金が欲しい」という感情は「ホームレスにならなくて済む」という快楽なのです。

おそらくご質問者様の周りにいる「やりたいことを見つけた同僚」もまた同じでしょう。

彼らは別に「マネジメントがしたい!」と思っているわけではないのです。それによって得られる高い給料や、人を支配するという支配欲、自分の高い能力を世に示したいという名誉欲など、そういったものが彼らを支える「やりたいこと」であるに過ぎません。

やりたいことが見つかりません(ラブホスタッフの上野さん)

ダラダラ過ごしたくないという変わり者

世の中には変わった人がいらっしゃいます。

1兆円を超える資産を持ちながら、今だにガツガツ働くような方。

頂上に財宝があるわけでもないのに、危険な山に登る方。

どう考えてもコンビニでバイトをした方が儲かるのに、命を削って作品を作る方。

彼らは変わり者で御座います。

もちろん彼らの人生や行動を否定するつもりは全く御座いませんし、彼らのような方がいらっしゃるからこそ人類はこうして文明を築けたのは間違いありませんが、普通の人間にはそんな使命染みた「やりたいこと」など存在致しません。

彼らはお金が欲しいわけではなく「もっと面白い仕事をしたい」「そこに山があるからだ」「自分は作品を作ることでしか自分を表現できない」などの“高尚な”意志をもって生きているわけですが、幸か不幸か我々一般人にはそんな高尚な意志などないのです。

それでは我々一般人が持っている意志とはなんでしょうか?

それはご質問者様が示して下さいました。

「自分がやりたいことも分からずダラダラとキャリアを積み重ねる」と。

そこそこの企業で適当に働いて、なんとなく結婚をして子どもを産み、ダラダラと生活する。

ご質問者様は勿論ですが、多くの我々一般人が望むことなどその程度の話で御座います。

「世界を変える」「キャリアアップ」「自己実現」みたいな一般的に「良い」とされるような望みなんて別に持ってはいません。

ダラダラと平穏に暮らしたい。

そんな人間として極めて一般的かつ普通な「やりたいこと」に満足が出来ない変わり者でもなければ「マネジメントがしたい!」なんて言い出しません。

やりたいことが見つかりません(ラブホスタッフの上野さん)

やりたいこと

ご質問者様の同僚の方が変わり者であった場合、彼らは本気で「マネジメントがしたい」というような「やりたいこと」を持っているかも知れませんが、彼らが普通の方であった場合「マネジメントがしたい」なんていう欲望を持っていることは御座いません。

例えばその方が結婚をしていて奥さんと子どもを養わなくてはいけない、というような状況の場合、マネジメント職に就き、給料を上げるということこそが「平穏に暮らす」ということの手段なのです。別に彼らだって「マネジメントをする」ということが目的なわけではなく、「平穏に暮らす」ということが目的であるに過ぎません。

ですのでどうかご安心くださいませ。

この世界の人間のほとんどは「ダラダラと平穏に暮らしたい」以上の「やりたいこと」など持ってはおりません。いかんせんメディアには「ダラダラと平穏に暮らしたい」以外の「やりたいこと」を持っている変わり者しか登場しないので、さも「夢を実現する」とか「自分を磨く」というような「変わった“やりたいこと”」を持つことこそが普通だ、みたいなことを言いますが、多くの人間にとってそんな変わったやりたいことなど存在しないのです。

もちろん重ね重ねになりますが、そう言った「変わり者」が悪いというわけでは御座いません。ただ彼らは少数派なのであり、多くの一般人は「ダラダラしたい」という堕落した欲望しか持っていないのです。

ご質問者様は自分のやりたいことが分からないと仰っておりますが、それはすでに手にしてしまっているから分からないのでしょう。「ダラダラと過ごす」というご質問者様の「やりたいこと」はすでに達成されているのですから。

やりたいことが見つかりません(ラブホスタッフの上野さん)

不安

しかし、残念ながら今のご質問者様はまだ手にしていない「やりたいこと」が存在致します。

それは「不安を感じたくない」ということ。

不安は平穏を大きく脅かす要因で御座います。だからこそご質問者様は「不安を感じない状況になる」という「やりたいこと」が存在すると言えるでしょう。

ですので今のご質問者様が当面考えるべきことは「自分が何をしたいのか」ではなく「何をすれば「不安を感じない」という自分のやりたいことを達成することが出来るのか」ということで御座います。

もしも仕事に熱中することで不安を感じなくなるのであればそれも良いでしょう。他の人も「やりたいことなんてない」ということがわかって安心するのであればそれも良いでしょう。

いずれにしてもご質問者様の「やりたいこと」はもう明確で御座います。

あとはその目的をどうやって達成するかということをお考えくださいませ。

ラブホスタッフ 上野の他の記事を読む


この記事どうだった?

41いいね!

3うーん…