女子が今以上にセックスで感じるには……

女子向けのエッチな動画を見ていたら、「彼氏とのエッチで感じるには感じるけど、もっと気持ちよくなりたいから(つまりたとえば潮を吹いてみたいとか)AVに応募しました」と言っている女子がたまに出ています。

エッチなことが始まる前のインタビューで、女子みずからがこう語っているのですが、まあこれって台本に書いてあることを喋っているのかもしれないですよね。

でも、たとえば兼業高級デリヘル嬢(昼間はふつうのOLで、夜、デリヘルでバイトしている女子)も、以前、取材のなかで同じことを語っていました。

おそらく女子の中には、おおっぴらに「今以上に感じるセックスをしてみたいです」と言わないものの、心の中ではそう願っている人もいるということでしょうか?

さて、どうすれば今以上に感じるセックスができるのかについて、今回は一緒に見ていきたいと思います。

ちょっと立ち入ったことをお聞きします

ちょっと立ち入ったことをお聞きしますが、彼氏とのセックスのとき、彼、わりとせっかちじゃないですか?

「痛くする」のはNGだと、男子たちはわりと知っています。つまり力まかせに女子のアソコや乳首をいじると、女子がすごく嫌がると男たちはわかっています。

わかっていなければ、女子が「それ、痛い」とか「もっとやさしくして」と言うと、彼はちょうどいい力加減がどれくらいなのか、だいたい理解できます。

もっとも「痛くしないと感じないからもっと痛くつねってよ」と言う女子もいるので(たとえば乳首とか)、痛いのがどこまでNGなのか、男子はイマイチよくわかっていないこともあります。が、痛い・痛くないは、お互いに口に出して言いあっているカップルも多いのでは?

痛さじゃなくて、スピード。これについてカップルで言いあう人たちって、どれくらいいるんでしょうか?

たとえば「もっとゆっくり舐めてよ」とか「もっとゆっくり指を背中に這わせてほしい」とか、そういうスピードについての言及って、あなたはしますか?女子が今以上にセックスで感じるには……

女子のハダカを見たときの最初の感想は「お~~~」なわけですが……

男子って、女子のハダカを見ただけでかなり気持ちが焦ります。男子が女子のハダカを見たときの最初の感想は「お~~~」なわけですが、この「お~~~」に続いて「はやく揉みたい、はやく触りたい、はやく舐めたい」と思います。

もう「はやく」なんですよね。「ゆっくり」じゃなくて「はやく」。

はやく触りたいという気持ちが、たとえば乳首だけに働けばいいのですが、男子にとって触りたい(揉みたい・舐めたい・いじってみたい)女子のボディパーツはいっぱいある。

だから男子は「ここを舐めたら、次はアソコで、アソコの次はあれをコリって……」などなど、前戯の「TO DO リスト」が脳内にあふれてきます。つまり、忙しい。

だからどうしても「はやく」という気持ちに力がこもってしまって、つい「はやく」かつ「痛く」しちゃって……ということに。

はやく(ちゃちゃっと)されるだけでも、女子の感じる力は下がるはずです。はやく、じゃなくて、ゆっくりソフトにされたほうが感じるはずです。

それに輪をかけるようにして「痛く」が加わるともう、女子が望む感じるセックスがどんどん遠ざかってゆく……。女子が今以上にセックスで感じるには……

彼女の許可がないと、男子ってつい急いでしまうんですよねぇ……

男子って、女子のハダカを前に、内心すごく焦っています。また、「焦っているおれ」を彼女に悟られたら、たとえば「童貞?」とか「セックス慣れしてない男子ってヤだな」とかと思われるのがイヤだから、焦りを隠そうとします。

この隠すという心理が、また別の焦りを呼んできます。悪循環このうえない。

だから、今以上に感じるセックスがお望みのあなたは、彼に「わたしのハダカ、ゆっくり見て、ゆっくり触って」と言うしかないように思います。

「ゆっくり見て(触って)いいよ」という彼女の許可がないと、男子はつい急いでしまうから。女子が今以上にセックスで感じるには……そもそも中高生の頃から、男子にとって女子のハダカとは「急いでちゃちゃっと見るしかないもの」でした。高校時代の好きな女子のパンチラ……これをゆっくりガン見できた男子はほぼいないしね。

あるいは高校生の頃、運よく彼女とセックスできたとして、それを「ゆっくり」「味わうように」楽しめた男子って、ホントにごくごく少数でしょう。

多くの男子は「彼女の気持ちが変わらないうちにはやくヤラないと」とか、「彼女が恥ずかしがっているからあまりガン見できないから、ちゃちゃっと舐めてイカさないと」と思っている(思ってきた)のです。

だからあなたが彼に「ゆっくりやっていいよ」と言わないと、女子にとって感じるセックスにならないのです。

ひとみしょうの他の記事を読む


この記事どうだった?

4いいね!

0うーん…