彼が浮気したからわたしも浮気する……復讐セックスがあなたにもたらすもの

彼氏が浮気してほかの女子とエッチしたから、「ではわたしもほかの男子とエッチします」と、まあ、いわば復讐セックスみたいなことをしている女子って、ほかの多くの男子からどう思われているのか?

ヤリマンと思われていることもあるでしょうし、「おれ、この子と友達になっておきたかった」と思われることもあるでしょう。だって友達になっていれば、あなたの復讐セックスの相手ができたかもしれないわけだから。

というライトな話はさておき、今回は、復讐セックスがあなたにもたらすものについて、一緒に見ていきたいと思います。

復讐セックスがもたらすメリットといえばメリットなの?

これ、復讐セックスをしたことのある女子に話を聞くとすぐにわかることなんですが、いわく「虚しさしか残らなかった」という人と、「やっぱり復讐セックスは気持ちいい」と、セックスが好きなのか、エッチの相手をしてくれた男子と相性が合って気持ちよかったのかなんなのかよくわからない人と、パックリ2つに分かれているように思います。

「復讐セックス、気持ちかった」と言っている人の中には、彼氏と別れてこのお相手とつきあいだした人もいて、こういうのって、復讐セックスがもたらすメリットといえばメリットなの?彼が浮気したから私も浮気する……復讐セックスがあなたにもたらすもの

彼氏がほかの女子と浮気したのがわかったとき

彼氏がほかの女子と浮気したのがわかったときって、悲しいし、自分が情けないし、怒りの感情が出てくるしで、もう気分がジェットコースターのようになっていると思います。

だから彼を鈍器のようなもので殴ってみたり、鋭利な刃物のようなもので彼の脇腹をつついてみたり、お皿を割ってみたり、いろんなことをする人がいて当然といえば当然なのかもしれません。

あるいは「なら、わたしもほかの男子とエッチしてくるから」と、ほかの男子と気持ちよく汗を流すことがあっても、それはきっと誰にも責めることができないことでは?

だって、復讐したいときの気持ちって、きっとみんな同じだから。つまり「お前だけにおいしい思いをさせるわけにはいない」とか、「お前だけはなんとしても潰してやる」とか、こういう、いわばとても人間くさい気持ちが、その人を復讐に向かわせるわけでしょ?彼が浮気したから私も浮気する……復讐セックスがあなたにもたらすもの

やがて自分で自分を見失ってしまう

復讐セックスしている最中に、たとえばセックスの相手をしてくれている彼に「やっぱダメ……おっぱいは触っていいけど、最後までできない(だって本命の彼のことがやっぱり好きだから)」と言う女子がいます。

復讐セックスが終わったあと、ものすごい自己嫌悪に陥って、復讐セックスの相手(つまり浮気相手)との連絡が途絶えがちになり、やがてフェードアウトしてゆく人もいます。

あるいは復讐セックス(つまり浮気)しまくって、しかるべき時が経てばしれっと本命の彼氏と結婚してゆく人もいます。

復讐セックスに興じるふたりともが、いわばスポーツ感覚でヤッており「楽しかったね、気持ちかったね、お互いなんだかんだあるけど幸せになろうね」というような感じで、ふたりともが同じようにセックスを楽しめる関係以外の関係はどれも、男女いずれか(あるいは双方)に、言葉にならないなんらかの感情を残していきます。

そういう感情を感じることなく「復讐セックス、してやったり」と、ニンマリしているだけの、いわば復讐のプロみたいな人以外はみんな、なんらか心にシコリを残して復讐セックスが終わる……というようなことを短く言えば、先にご紹介した「虚しさしか残らなかった」ということになるんじゃないのかな。

復讐のプロみたいな人たちだって、夜中にひとりになったとき(たとえばベッドの中で、夜がもたらす静けさと暗闇に耐えれそうにないときとかに)、ある種の虚しさを覚えることがあるんじゃないのかな。彼が浮気したから私も浮気する……復讐セックスがあなたにもたらすものセックス以外の、たとえばあなたの会社に、イヤなヤツに復讐しまくっている人がいるなら、そういう人のふとした瞬間の表情を、しれっと観察してみるといいです。そういう人って、ほんの一瞬、どこかしら淋しそうな顔をしていないですか?

復讐セックスやる気満々のときって、感情が高ぶっているから、なかなか冷静になれないと思うんですが、でももし、ほんの一瞬でも冷静になれるのであれば「わたし、復讐セックスしたいと思っているって、それ、ホント?」と、自分に問いかけてみてほしいのです。

自分の気持ちにウソをついてやるセックスって、人の心をどんどん蝕んでゆくから。そしていったん蝕まれた心は、さらに自分の気持ちにウソをつくようになって、やがて自分で自分を見失ってしまうから。

ひとみしょうの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…