彼氏が浮気しなくなる瞬間があるとすれば、それは……

彼氏が浮気しているっぽいとか、彼氏がほかの女子とエッチしたのがバレたとか、とかく彼氏の浮気に悩んでいる人もいれば、「彼氏がまったく浮気しない……たまにはほかの女子と遊んできてくれてもいいのに……」などと思っている彼女もいるそうです。

今回は、彼氏が浮気しなくなる瞬間について、ひとつの例をご紹介したいと思います。

浮気したいと思わないカップル

先日お話を聞かせていただいたカップルは、男女ともに浮気はしないし今後もしたいと思わないと断言しました。もちろん今後のことなんて誰だって確約できないものですが、でも浮気したいと思わないんだそうです。

この彼いわく、彼女と交際するまでは、いろんなことがあったそう。いろんなことの中には、当然、浮気もあるし、気のないセックス(つまり風俗で遊ぶとか)もあるし、あるいは毎晩お酒を飲みたいと強く思い、実際に毎晩お酒を飲んで、飲んだら喧嘩っ早くなって誰かと喧嘩して、翌朝反省し、でもまたその日の夜も飲みに行き……というような感じ。

こんな、ある意味では無茶苦茶な彼も、彼女と出会って交際する中で、浮気はもちろんのこと、お酒を飲みたいと思わなくなったし、喧嘩だってしたいと思わなくなったと言います。

なぜなのか?彼氏が浮気しなくなる瞬間があるとすれば、それは……

彼女=救いの女神

ひとつには、彼にとってこの彼女とは、いわば救いの女神みたいな存在だからということがあるそうです。これ、極端な言い方だし、女神なんてサザンの歌にしか出てこないような言葉ですが、彼にとって彼女とは救いの女神なんだと、本当に彼が言っていました。

男って、あるいは年齢を問わず、ある種の女子に出会って愛し愛されると、その時点で過去をきっぱり清算して(あるいは過去が彼を清算してくれて)「別人格」になる時があります。その理由を言葉にするなら、彼が彼女という大きな精神的な拠り所を得たから。

逆説的に言うなら、彼女と出会う前の彼は、精神的な拠り所がほしくて、それを探し回り、でも来る日も来る日もそれを手にすることができなかった――

だから彼はなかば自暴自棄になって、セックスしたいと思えばセックスするし、うまくセックスにありつくことができなかったり、あるいは仕事でイヤなことがあればお酒を飲みすぎるし、飲むとさらに気持ちが荒れて喧嘩っ早くなって誰かに対してすぐに手を挙げていたのでしょう。彼氏が浮気しなくなる瞬間があるとすれば、それは……

あなたの彼が浮気しなくなる瞬間

セックス、酒、喧嘩という、非常にわかりやすい例を挙げましたが、お酒も飲まず喧嘩もせず、浮気もしない男子であっても、心の中は同じじゃないかなと思います。

ぼくはよく「男は男であるというだけで淋しさを感じている生き物だ」というような表現を使いますが、男って女子とはまた別の種類の淋しさを抱えています。

「別の種類の淋しさ」をうまくほかの言葉にできないのですが、強いて言葉を当てはめるなら、男であるというだけで、その存在そのものに、あるいは未来に漠然と不安を覚えているとか、その不安を消してくれるパートナーを、心のどこかで漠然と探している(でもすべてが漠然としすぎているので、時に彼は途方に暮れて自暴自棄になるとか)、なんかこんな感じかなあ。

で、そういう漠然とした不安の中で、具体的に誰かと出会って、具体的に恋に落ちて、具体的に愛しあってはじめて、その漠然とした不安という呪縛から解かれ、心の安定を得る。つまり「お酒? もう飲みたいと思わない」とか、「浮気セックス? 興味ない」とか、こうなる……。彼氏が浮気しなくなる瞬間があるとすれば、それは……あなたの彼が浮気しなくなる瞬間があるとすれば、それは彼があなたのことを「精神的安定をもたらしてくれている救いの女神である」と確信した瞬間でしょう。そういう瞬間は、誰の人生においても訪れるのか?

ある人には訪れるし、ある人には訪れないかもしれない……としか言いようがないです。が、でも、だからこそ、お互いに人生観が変わるくらい愛しあう価値があるのだと思います。

ひとみしょうの他の記事を読む


この記事どうだった?

5いいね!

0うーん…