40代男性のセックスにおける悲しい現実――住宅ローンとセックス

今回は40代男性のお話をします。40代にもなると、男性はモテなくなる……と書いたところで、40代からモテはじめる男性もいますよね。

仮にモテなくても、40代になって遊び金に恵まれるようになった男性は、せっせとデリヘル嬢を呼んで、それなりに充実したエロライフを送っている……こういう事実もあります。

が、そういう男性であっても、40代は40代なりの悲しい現実を抱えつつセックスしています。

時は矢のように流れ去り

物事ってなんでもそうですが、自分がその対象に100%没頭できているときがもっとも楽しいものです。セックスなら「おれはなぜ、こんなにセックスが好きなんだろう」なんて、自分のことをもうひとりの自分が観察しているかのような視点抜きで楽しめるセックスがもっとも楽しい。

でも40代にもなると、どうしても「もうひとりのおれ」が目覚めます。

彼はたとえば、「おれは毎晩デリヘル嬢相手にエロいことをしていていいのかな? 同僚のように住宅ローンを組むとか、将来のために貯蓄するとか、そういうことをしなくてもいいのだろうか……」と葛藤しつつ、デリヘル嬢のおっぱいを吸ったり、アソコを舐めたりしています。

20代の頃はそのような葛藤なんてほぼありませんでした。

「高校生の頃に死ぬほど触りたかったおっぱいが目の前にある! 高校生の頃に夢にまで出てきた女子のアソコを明るい場所で見ることができる! そしてそれを触ることもできるし、舐めることもできる!」などと、彼は全知全能の神になった気分で、おおいにエロを楽しんでいました。

が、時は矢のように流れ去り、いま彼は40代……。40代男性のセックスにおける悲しい現実ーー住宅ローンとセックス

鳩がヒヨコになろうと、そんなこと知ったこっちゃない

自分のエロさを、もうひとりの自分がつねに冷静に観察している気分というのは、たとえば女子で言うなら、あなたのお母さんやお兄ちゃんなど身内に、自分のセックスを覗かれているような感覚に近いように思います。

ようするに、ものすごい罪悪感とは言わないものの(お母さんもお兄ちゃんも、ヤルべきことはヤッて、この歳になったのだから)、どことなく違和感があるというか、居心地が悪いというか、そういう気分です。40代男性のセックスにおける悲しい現実ーー住宅ローンとセックスつまり、彼は40代にしてすでに、セックスというものを手放しで楽しめなくなった。あるいは、そんな「客観的視点」を持たない男性であっても、20代の頃に比べ、セックスの体力は確実に落ちています。

ひと晩に5回できていたものが、1回しかできないとか、1.5回しかできない(2回目は途中で中折れして不発に終わった)ということになります。

この手の悲しみは、オトナのおもちゃを使ってどうにか解決することも可能です。が……自らの下半身の弱さを、オトナのおもちゃで解決するというのは、箱のなかに鳩を入れて、ふたたび箱を開けるとヒヨコが出てきた、みたいに、どことなく本人も納得することのできない解決法かもしれません。

がしかし、「女子を満足させたい」とか「好みの女子がマジイキしている顔を見たみたい」などと願っている男性にとっては、鳩がヒヨコになろうと、ヒヨコが鳩になろうと、そんなこと知ったこっちゃないんです。40代男性のセックスにおける悲しい現実ーー住宅ローンとセックス

パラダイス感に追いつきたくて(悲しみに追いつかれたくなくて)セックスします

40代って、おおむね人生の折り返し地点なので、多くの男性は自分の過去をわけもなく振り返ります。

夜な夜なデリヘル嬢とエロにまみれている男性であっても、ひとりのとき(たとえばひとりでお風呂に入って、若い頃よりいくぶん少なくなった髪の毛を洗っているときなど)、「おれの人生はこれでよかったのだろうか」と、ふと思ってしまうものなのです。

エロい男性はエロいだけ、じゃないんですね。みなさん歳相応に、いろんなことを哲学的に考えるようになるのが40代。

そういう男性にとってセックスとは、まだ見ぬ夢の世界でありつつも、かくも悲しいものなのです。このパラダイス感に追いつきたくて(悲しみに追いつかれたくなくて)、ある種の男たちは、それでも負けじとセックスするのです。(が、やがて負けを認めざるをえないときがやってくる)

ひとみしょうの他の記事を読む


この記事どうだった?

6いいね!

13うーん…