週末に試してみたい! マンネリ化したセックスで使える簡単テクニック

どんなに刺激的なセックスでも、回数を重ねているうちに“物足りなさ”を感じてしまうもの。

あなたも大好きな彼とのセックス中に「次の展開を読めちゃってドキドキしない」なんて不満を抱いたことがあるのでは?

そこで今回は、20~30代独身男性を対象に「マンネリ化」に関するアンケートを実施! 付き合いが長くなっても「最高にドキドキしたセックス」についてまとめてみましたよ。

1:制約を設ける

「『5分間は手だけ』『絶対に一人でイッちゃダメ!』と言われてローションプレイされたときは、記憶が飛びそうなくらい気持ちよかった。挿入なしでもこんなに気持ちよくなれるなんて知らなかったよ」(29歳/メーカー)

すんなりエッチに応じる日もあれば、「今日は上半身だけ」「30分は挿入なし」「『イっていいよ』って言うまで射精したらダメ!」なんて制約を設けてセックスをした方が、いつまでも交際当時のドキドキを維持できるもの。

特に男性は「次にエッチするまで絶対に一人でしちゃダメ」と言われると、最高に興奮するそうですよ。

まだセックス中に“制約”を設けたことのない女性は、大好きな彼に小さな意地悪を仕掛けてみてはいかがですか?

いつまでもマンネリ知らずの熱いセックスを体感できるはずですよ。週末に試してみたい! マンネリ化したセックスで使える簡単テクニック

2:密着状態をできるだけ長く続ける

「ベタベタしているだけで、エッチはしない。この状態がぶっちゃけ一番幸せなのかも。もちろんエッチ本番の満足度が高いほうがいいけど、そのためには愛撫に時間をかけることが大切かもね」(31歳/金融)

男性にとってセックスのゴールは射精すること。彼のペースに合わせて身を任せるのも構いませんが、できるだけ長く険しい道を準備した方が興奮度が高まるのも事実です。

射精よりも精神的な交わりを重視するポリネシアンセックスを見習って、あなたも密着度の高いエッチを体感してみてはいかがですか?

自然とマンネリ化が解消されて、二人の心の絆が深まる最高のセックスが待っているはずですよ。週末に試してみたい! マンネリ化したセックスで使える簡単テクニック

3:いつもと違う場所へ誘う

「お互いに実家暮らしだから、エッチをするのは必ずラブホテル。しかもいつも同じホテルばかりで、すぐにマンネリ化……。

だから、彼女の誕生日に高級ホテルのスイートルームでセックスしたときは最高だったな。場所を変えるだけでこんなに刺激が増すとは思わなかった」(27歳/IT)

慣れ親しんだ場所でするエッチには安心感がある反面、ドキドキが少なく“マンネリ化”しがち。

行き慣れたホテルの場所を変えたり、自宅でもインテリアや照明を変えるだけで、ぐっと視覚的刺激が増えるものです。

特別な日は高級ホテルのスイート。同棲中の彼とはベッドではなく、台所や玄関で……。今週末はいつもと違った場所でセックスをしてみてはいかがですか?週末に試してみたい! マンネリ化したセックスで使える簡単テクニック

おわりに

ちょっとしたポイントを抑えるだけで、マンネリ化したセックスに交際当初のようなドキドキが戻ってきます。

あなたも今回ご紹介した3つの簡単テクニックをこっそり試してみてはいかがでしょうか? 

 

(取材協力)
・20~30代独身男性

mookの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…