女性が喜ぶホワイトデーのデートプランとお返し

バレンタインデーが豊作だったナイスガイの皆さん! まずはおめでとうございました。母親からの義理チョコすら貰えないトホホなメンズも多い中、1個でもチョコレートを受け取ったあなたは確実に勝ち組です!

とは言え、いつまでも鼻の下を伸ばしている場合ではありませんよ。バレンタインデーの1ヶ月後にはホワイトデーが待っています。

ホワイトデーに、チョコレートの送り主が感激するようなデートプラン&お返しを演出できてこそ、真のジェントルマンです。

ですが、果たして世の女性たちが、どのようなお返しを求めているのか、女心ってわかりづらいですよね。そんな悩めるナイスガイの皆様へ向けて、ホワイトデーのデートプラン&お返しに関するヒントをお届けします。

女性が喜ぶデートプラン

お返しを渡すには、当たり前ですが「会う」必要があります。会う……つまりデートです。

ホワイトデーのデートプランをジャンル別でご提案します。相手女性のタイプにあわせてチョイスなさってくださいね。

ロマンチック系

日頃のデートから、オシャレなお店や雰囲気の良いデートスポットを好む女性なら、ホワイトデーのデートもロマンチック路線で攻めましょう!

ロマンチックと言えば、やはり夜景でしょうか。スカイツリーや東京タワーのような、大都会の景色を一望できるスポットは、ロマンチック度抜群です。

東京タワーは3月3日に250m展望台がグランドオープン! ホワイトデーのデートにぴったりですね。

スカイツリーは、地上350mの展望デッキからの眺めも充分ステキなのですが、さらに100mあがった地上450mの天望回廊がオススメです。

1030円かかりますが、そのぶん空いていますし(笑)1030円の価値は絶対にありますよ。女性が喜ぶホワイトデーのデートプランとお返し

カジュアル系

かしこまった雰囲気よりも、日常の延長線上っぽいデートのほうが気楽と捉える女性も存在します。

だからと言って、カラオケやボーリングでは、普段と変わらないですよね。もうひと工夫欲しいところ! では、映画館デートは如何でしょうか?

「映画も、普段のデートと変わらないじゃん!」と思うかもしれませんね。全く以てその通りですが、カップルシートとなれば話は別です。最近は、別料金でカップルシートを設けている映画館が増えてきています。

お値段は、2人で1万円前後といったところでしょうか。通常の料金1800円に比べるとかなり高く感じますが、ホワイトデーですからフンパツしちゃいましょう!

筆者も新宿の某・映画館でカップルシート体験しているのですが、座り心地抜群のソファで、アルコールを楽しみながらの映画鑑賞は最高に贅沢なひとときでした。

映画好きカップルは是非! いや、特に映画好きでない人でもカップルシートでの鑑賞は、映画にハマるきっかけになるかもしれません。

リラックス系

現代はストレス社会です。相手女性だけでなく、ひょっとしたらあなた自身も、仕事等のストレスでお疲れ気味なのでは?

そんな二人にピッタリなのが、リラクゼーション系のデートです。日程に余裕があれば温泉デートはいかがでしょう? 都会の喧噪を離れ、ゆっくりとお湯に浸かることで、日々のストレスが吹っ飛ぶこと間違いなし!

「男湯と女湯に分かれちゃうから、デートっぽくない!」と思うかもしれませんが、露天風呂付きの客室をセレクトすればノープロブレムです。

二人きりの空間ですから、誰にも邪魔されることなく、思う存分イチャイチャできますよ。

「温泉デートはスケジュール的に難しい」という場合は、近場の健康ランド……もといスパを利用するのもアリ。

最近はカップルで一緒に楽しめる足湯や岩盤浴、マッサージなどのサービスが充実しているので、遠出せずとも充分にリラックスできるデートとなるでしょう。女性が喜ぶホワイトデーのデートプランとお返し

面白い系

ユーモアが通じる女性には、おもしろデートの提案を。各地に点在する「おもしろカフェ」と呼ばれるお店を利用することで、あなたが頑張らずとも、お店自体のコンセプトが二人のデートを大いに盛り上げてくれるでしょう。

たとえば動物のいるカフェ。猫カフェやウサギカフェが鉄板ですが、探してみると小鳥カフェだったりフクロウカフェだったり、変わり種のカフェって幾らでもあるものです。

私事で恐縮ですが、筆者はペンギンの居るバーに行ったことがありますよ。わざわざ水族館へ足を運ばずとも、バーでペンギンを観ることができるとは、良い意味でのカルチャーショックでした。

バーと言えば、お酒が好きなカップルだったら、おもしろ系居酒屋へGO! 忍者屋敷のような構造をしていたり、店内の生け簀で釣り体験ができたり、アトランション感覚でエンジョイできますよ。

そして、ちょっとハードルが高いかもしれませんが、オカマバー! 観光バーと呼ばれる、ノンケのお客様歓迎のオカマバーも沢山あります。

おもしろデートで、カノジョに思う存分笑ってもらいましょう。

女性が欲しい「お返し」とは?

デートプランが固まってきたところで、いよいよ本題! ホワイトデーの主役とも言える「お返し」を考察していきましょう。世の女性たちは、どのような「お返し」にココロときめくのでしょうか?

まずは価格帯のバランスを考えましょう。極端な例を挙げるなら、バレンタインデーにロレックスの時計を貰ったのに、お返しがマシュマロ詰め合わせではアンバランスですよね。

だからと言って、贈られた品の値段をネットで調べるのはナンセンス(笑)そのへんは、想像力を働かせてください。

お返しの王道・スイーツ

女性は甘いものが大好きです。甘いチョコレートには甘いお返しを。クッキーなのかマカロンなのかキャンディなのか……男性にとっては迷いどころですよね。

迷うくらいなら、いっそのこと相手女性に聞いたほうが手っ取り早いですよ。「お気に入りのスイーツブランドは?」と。

余談ですが筆者はロイズが大好きでして。ロイズよりももっと高級なスイーツブランドが存在することは百も承知! でも筆者にとっての一番はロイズなんです。そう考えると、値段じゃないんですよね。

フンパツした高級スイーツよりも、お手頃価格なスイーツのほうが好みという女性は意外と多いはず!女性が喜ぶホワイトデーのデートプランとお返し

女性の憧れ・アクセサリー

私たち女性にとって、愛する男性から贈られるアクセサリーは、特別な意味を持ちます。結婚指輪や婚約指輪のイメージによるものなのでしょう。

だからと言って、ホワイトデーにプロポーズしましょうという話ではないので、どうかご安心くださいね(笑)

指輪でなくとも良いんです。と言うか指輪は、サイズを知っておく必要があるので、サプライズを演出するには不向きかもしれませんね。

華奢な女性が11号サイズだったり、筆者のような逞しい女性が9号サイズだったりするので、指の太さってわからないものです(笑)

もちろん、すでに相手女性のサイズをご存知なら、指輪のプレゼントは大いに喜ばれること間違いなし! 生憎サイズがわからない場合は、ネックレスやピアスは如何でしょう?

石選びに迷ったら、彼女の誕生石をセレクトするのがオススメ。誕生石は、わざわざ調べずとも、ジュエリーショップの店員さんなら熟知していますから「カノジョが9月生まれなんですけど」と伝えるだけでオッケー。

ピアスの場合は、相手女性がピアスの穴をあけているか、事前チェックが必要です。

「耳に何かつけていたはず」と思いきや、ピアスではなくイヤリングだったりすることもあります。

だったらイヤリングが無難と思うかもしれませんが、ピアスをあけている女性は、イヤリングはほとんど着けなかったりするものです。要確認を。

特別な日だからこそ……花束!

スイーツやアクセサリーと同じくらい、女性はお花が大好きです。大好きなのに、自分ではなかなか買う機会が少なかったりするもの。

子どもの頃は、ピアノやバレエの発表会で贈られることが多かった花束も、大人になるとすっかり縁遠くなってしまうんですよね。だからこそ、花束のプレゼントは、女心をギュッと鷲掴みにすることができるでしょう。

街中を、贈られた花束を持って歩くって、女冥利に尽きるんですよね。

帰りのタクシーで、運転手さんからの「お祝い事だったんですか?」の問いに対して、「カレからです」と答えることのできる幸せと言ったらもう! 筆舌に尽くし難いとは、まさにこのこと!

誕生石と同様、お花にも誕生花は存在します。が、しかし! ホワイトデーの時期には流通していないお花もあるので、誕生花にこだわり過ぎる必要はナシ。

もしお相手の写真があれば、花屋の店員さんにお見せして「彼女のイメージで花束を作ってください」とリクエストしてみては?

受け取る女性側にとっては、自分のイメージでプロのお花屋さんが作った花束って、ものすごい特別感を味わうことができるでしょう。女性が喜ぶホワイトデーのデートプランとお返し

女心はわからなくて当然!?

男性と女性は違う生き物です。違う生き物なのですから、お互いに「男心」「女心」がわからないのは当然のこと。この記事に辿り着いたナイスガイの皆様は、「わからないからこそ、女心が知りたい!」という、前向きなお気持ちでらっしゃるのでしょう。

その前向きなお気持ちだけでも、充分に素晴らしいです。あなたからホワイトデーのデートに誘われる女性は、本当にすごく幸せ者なのだと思います。

幸せなお二人のホワイトデーを、さらにハッピーなひとときにして頂きたく、デートプランとお返しのヒントをご提案しました。相手女性のタイプによって、あなたのセレクトで上手に組み合わせてくださいね。

フクロウカフェでネックレスを贈るも良し、温泉宿で彼女の好きなスイーツを贈るも良し……いずれにせよ、記念すべき1日となるでしょう。

今年のホワイトデーをきっかけに、お二人の関係性がさらに濃密なものとなっていきますよう、祈っています。カノジョはもちろんのこと、あなた自身もエンジョイできるホワイトデーをお過ごしくださいませ。

菊池美佳子の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…