男性を紹介してもらう時に気をつけなければいけないことって?

「出会いがない!! とりあえず手当たり次第に男を紹介してください!!」なんて焦っている女子はいないでしょうか。

男性を紹介してもらう時に気をつけなければいけないことって?

確かに、「出会いとか求めるものじゃないし~わたしはガツガツするの嫌いだし~」なんてぼんやりしている女子よりは、随分建設的な行動ではありますが、どんな人でも紹介してもらえばいいというものではありません。

「誰でもいいから!!」なんて紹介してもらって、後で「とんでもないのが来た」なんてぶつくさ言っている女子を見かけたことはないでしょうか。

今回は、男性を紹介してもらうときに最低限気をつけなければいけないことについてご紹介します。

■1.自分の射程範囲をあらかじめ理解しておく
紹介してもらっておいて、「やっぱり駄目だった」なんてことを繰り返すほど、無駄な時間の使い方はありません。知人からも「どうせまた駄目なんでしょ」なんて面倒がられるようになり、いい人がいても紹介してもらえなくなります。

自分の好みや、例え好みではない人でもどのくらいまでならお付き合いできそうか、あらかじめ理解しておくことをお勧めします。もちろん高望みになってしまっては元も子もありませんが…。

■2.紹介者の「~だけど」の後を聞き逃さない
「イケメンなんだけど、話がつまらない」「高学歴、高収入なんだけど、性格が最悪」良い言葉の後に「だけど」がついた場合、大抵その後の言葉のほうが、紹介してもらう人の特徴を良く現しています。

「イケメンだから会ってみようかな」「性格悪いって言ってもそんなことないでしょ」なんて安易に会いに行くと、損をすることがあるかもしれません。紹介者の話はよーく聞いて紹介してもらうか判断してください。

■3.いざ断るとなったとき、ちゃんと断れるかどうか
「この人は、絶対にお勧めだよ!!」とか、「こいつは俺の親友で、本当にいいヤツなんだ」なんて謳い文句で紹介されるときは、まず、「もし自分がその人のことを気に入らなかったら…」ということを考えてみてください。

自信をもって勧められる人ほど、「あれ?」ってくらいハマらないことがあります。その時に、断わっても紹介人との仲に亀裂が入らないかということを気にしてみてください。

意外と断るのに労力がいる場合があります。また場合によっては断りきれず、無理矢理付き合う、なんてことにもなりかねません。

気をつけなければいけないことを、今回は3つ挙げてみました。ちょっと深呼吸して考えれば、どれもそんなに難しくないことかと思います。時間を無駄にせず、良い出会いを効率的に見つけてみてくださいね。
(畑中 へそ)

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…