【街コン・合コンテクニック】男が喜ぶファーストオーダー!

僕と似た経歴・恋愛観を持つ水野敬也氏と対談をさせていただきました。第一弾は、【恋愛界BIG2】水野敬也×大木隆太郎の緊急スパルタ恋愛対談!と題し、現代女性が結婚できない理由や、モテる女性について男性目線で語りあったわけですが、第二段の今回は、女性のみなさんが勝者になるための街コン・合コンテクニック』を二人で考えました。ぜひご参考にしていただければと思います。

koigakuDSC05225

街コン・合コンは友人選びが肝!

大木:結婚に焦る女性は、街コンや合コンに参加しても冷めた目をしていたり、逆に異様にガツガツしていたりしますよね? 水野さんは恋活・婚活女性から相談を受けた時、どのようなアドバイスをされていますか?

水野:自分の魅力がどこにあるかわからない女性は、出会いの場に足を運んでも会話が下手です。だからこそぶつかって行ってほしいし、失敗から学んでほしいのですが、僕が街コンや合コンでオススメしたいのは、一緒に行く友人をきちんと選ぶことですね。

大木:なるほど。街コンや合コンのような場は、一緒にいる相手によって自分の価値も決まりますからね。気心の知れた友人であれば連係プレーで場を盛り上げたり、お互いを持ち上げたりできますね。

水野:僕は”オーラは周りが作ってくれるもの”だと思っているんですね。口コミと同じで、まわりが「いい!」と 言うからその人の魅力が引き立ちキャラクターが確立されます。ですから、普段からの友人選びがとても重要になってくるんです。

DSC05189.png恋学

街コン・合コンナンバー1になるために必要な「おさわり48手」

大木:水野さんの中で、絶対に男を落とせる! という街コン・合コンテクニックはありますか?

水野:「おさわり48手 ※1」です! これは絶対に試してもらいたいですね。大木さんがされても嬉しいと思われませんか?

大木:もちろんです(笑)! 僕は隣の席に座った時の、触れるか触れないかの距離も好きですね。基本、男は肩をポンッと叩かれたり、目が合うだけで「俺の事好きかも」と錯覚する単純な生き物。上手なお触りは効果テキメンですね!

水野:例えば洋服についたゴミを取るとか、下心が見えない気持ち悪くない触り方ってあるんですよね。「おさわり48手」は身近にいる男性に対し、どんどん挑戦してもらいたいテクニックです!

大木:お触りも嬉しいですが、女性からのちょっかいやイタズラって可愛くてキュンときませんか!?

水野:そうなんです(笑)。「予定調和※2」を崩すってすごく大事! ツッコみマスターに似ているのですが、相手の問題をいたずらっぽく指摘したり、普通は口に出せないような本音を会話に投げ込むことで、その予測不能さに男は魅力を感じます。

大木:まさにそうですよね。「好きな人には同調して会話を盛り上げなさい」なんて恋愛マニュアルにはよく書かれていますが、男の場合はイレギュラーや普段とのギャップにクラっときてしまうものです。

※1 おさわり48手
男はボディタッチをされると「この女、俺に気があるんじゃないか?」と勘違いして好きになる習性がある。いやらしくない自然タッチなボディタッチ48の方法を『スパルタ婚活塾』で解説している。

※2 予定調和
受け手の予想する流れに沿って事態が動き、結果も予想通りであること。女性の魅力とは、男性の予定調和をいかに崩せるかにある。

乾杯時に男子が喜ぶのは「ウーロンハイ濃い目」

水野:実は先日の飲み会で、とある女性に新手のテクニックを披露されたんです(笑)。それは、一杯目から「ウーロンハイ濃い目」を頼むこと!

大木:(爆笑)。飲み会ではいかに酔わせようかを企む男にとって、「私酔います宣言!」は嬉しい限りですね。

水野:そうなんですよ! これ一杯目ってところがポイントで、内心「やるな」と思いましたね。おさわり48手もそうですが、女性側から歩み寄りを見せられると、男側も安心して勢いが出せます。そうすると会話のテンポもよくなり、場が楽しく和やかになるんですよね。

大木:お酒が飲めない子に強要するつもりはありませんが、一杯目から「ホットウーロン」とか言われると、場が盛り下がりますからね。

水野:はい。だからあまりお酒が強くなくても、必ずお酒はオーダーして欲しですね。「梅酒薄めとホットウーロン」を注文するとか、そういうちょっとした気遣いができる子はポイントが高いです。

余裕のある者が恋を制す!

大木:こうやって話してみても、男性と女性の視点は大きく違うことがわかりますね。

水野:はい。ただ男女ともに言えるのは、恋愛では余裕を持てた方が勝者になるということです。自分に対する自信や余裕があれば、年齢を重ねることはむしろ大きなアドバンテージになりますし、余裕を失うときは、必ず何かに執着した時なんです。だから一つの出会いや男性に固執するのではなく、目標が結婚であれば、それまでは予定をたくさん入れてたくさんの人とコミュニケーションを取り、経験度数を上げて余裕を作り出すってとても大事なことだと思いますね。

大木:考えすぎても勢いが衰えるだけですからね。読者のみなさんも、もっと積極的に恋活をしていきましょう! 

あなたも『恋学』で、理想の恋愛を!

【参考文献】

CMYK掲載用 (1)
スパルタ婚活塾(文響社) 著者:水野敬也
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%AB%E3%82%BF%E5%A9%9A%E6%B4%BB%E5%A1%BE-%E6%B0%B4%E9%87%8E%E6%95%AC%E4%B9%9F/dp/4905073073

LOVE.掲載用png
LOVE理論(文響社)  著者:水野敬也
http://www.amazon.co.jp/LOVE%E7%90%86%E8%AB%96-%E6%B0%B4%E9%87%8E%E6%95%AC%E4%B9%9F/dp/4905073057/ref=pd_bxgy_b_img_y