サブカル女子=オタサーの姫? サブカル女子はモテるのか考えてみた

「サブカル女子」についてみなさんはどういうイメージをお持ちでしょうか? あるいは「サブカル女子」を自認している女性のみなさん、ご自身をどうとらえているでしょうか?

今回は「サブカル女子はモテるのか」というテーマについて考えたいと思います。

サブカル女子はオタク?

サブカル女子と聞くと「オタク」をイメージする人がいますが、必ずしも正解ではありません。サブカル=サブカルチャーの中には、マンガ、アニメ、ゲームなども含まれますが、「サブカル女子」のサブカルはもっと広い意味を含んでいます。

・自分は人とは違うと思っている
・多趣味、自分の趣味の話になると話が早くなる
・黒髪、ゴスロリ
・縁のあるメガネ
・下北沢や神保町が好き
・カメラ(一眼レフ)を持ち歩いている
・古民具カフェに入り浸っている
・演劇、古典、文学が好き
など

要するにマイノリティを自認しつつ、そういう自分が好きで、「自分」を持っていることになります。オタク趣味の人でサブカル女子というのもいますが、イコールではありません。サブカル女子=オタサーの姫? サブカル女子はモテるのか考えてみたでは「腐女子」や「夢女子」がサブカル女子でしょうか? 私にはそう思えません。例えば、腐女子は芯が通っておらず、イナゴのようにその寄生先を変えます。数年前にあれだけ盛り上がった『おそ松さん』『進撃の巨人』『血界戦線』『鬼灯の冷徹』……腐女子に食い荒らされて一般の人が寄り付かなくなり、腐女子も去ったので、残ったのはコンテンツの屍です。

サブカル女子は多趣味ですが、その趣味は一貫しているのでそういうことにはなりません。したがって、モテるといわれる「オタサーの姫」はサブカル女子が高じてそうなった場合と、姫になりたくてあえてそこに飛び込んだ場合と2パターンあります。後者はえてして「サークルクラッシャー」になりやすいのです。

 

▼「サブカルクソ女」が出てきて一部に話題のアニメ『ポプテピピック』の主題歌、サブカル女子っぽい上坂すみれさんが歌う「POP TEAM EPIC」PV

サブカル女子の対義語はスイーツ女子

サブカル女子の反対、対義語は「スイーツ女子」になります。自分がなく、流行に流されやすい、常に多数派を好む等。スイーツ女子もモテますが、好む男性層はサブカル女子の場合とほとんど重ならないでしょう。

私は全くモテ能力がなく、モテない人生を歩んできたので説得力がないかもしれませんが、オタクの私であっても、落とせそうなのはスイーツ女子です。サブカル女子はかなり難攻不落な要塞のように思えます。

「スイーツ(笑)」は男性がスイーツ女子をバカにするニュアンスで用いますが、それだけスイーツ女子の方が付け入る隙が大きそう、ということでもあります。サブカル女子=オタサーの姫? サブカル女子はモテるのか考えてみた

付け入る隙があるのは悪いことではない

「付け入る隙がない人」は肯定的に捉えがちですが、違います。仕事や学業において付け入る隙がない人は「できる人」ですが、プライベートで隙がない人は「近寄りがたい人」です。恋愛についても同様で、「あなたは隙がないね」という言葉は「あなたとの恋愛は無理だよ」と読み替えることができます。

スイーツ女子には隙がありまくりで、これは恋愛についてはプラスに作用します。しかし、自分を持ちすぎているサブカル女子にそうした隙はあるのでしょうか? 自分のテリトリーを共有できる異性とは仲良くなりますが、そこから恋愛に発展させられるのか?

モテるのは確かでしょうが、アイドルとしてのモテ方と、恋人候補としてのモテ方は違います。

個人的には教養があるサブカル女子の方が好きですが、付け入る隙がなく、当たり前のように上から目線でバカにされそうです。サブカル女子をこじらせたのが、おそらく婚活界隈にいる意識高い系なのでしょう。サブカル女子=オタサーの姫? サブカル女子はモテるのか考えてみた
私が大学院時代、結構話すようになった女の子がいて「ひょっとしたら初彼女?」と期待していたのですが、飲み会で世界の(日本のではない)「B級映画」について延々と語られて「無理」と判断しました。これについていく教養は私にはありません。

というわけで「サブカル女子は意識が高く付け入る隙がないのでモテない」という結論を書かせていただきます。異論、反論は大歓迎です。

まとめ

サブカル女子は「自分」を持っていて、こだわりがあります。オタク分野に詳しい人ならば、「オタクのサブカル女子」もいますがイコールではありません。腐女子や夢女子は群れる傾向があり飽きっぽく、サブカル女子より「オタクのスイーツ」という感じです。

サブカル女子の対極が「スイーツ女子」で、両者に上下関係はなく、ただしスイーツ女子の方がいい意味で「隙」がありそうです。

隙がないサブカル女子との恋愛や結婚は大変そうで、付き合うまでに発展させるのが既に難易度が高いです。サブカル女子は隙を作った方がいいでしょう。

松田(松本)謙太郎の他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

2うーん…