記憶術の効果をアップさせる栄養や運動! 恋活&婚活中の方は必見!

相手の言ったことや名前、特徴などを憶えていくことが恋の成就や婚活の成功には不可欠です。相手の誕生日を忘れていた……最悪ですよね。記憶術は多々ありますが、私は心理学者でもカウンセラーでもないので、「これ!」というものをお示しすることができません。ただ、頭の回転を良くして脳を活性化させることについては、自身のうつ病からの回復で何となく実践できます。今回は記憶術の下地となる頭の回転を良くする方法について考えます。

記憶術の効果UPのための栄養素

様々な記憶術の効果を上げるためには、頭の回転を良くする必要があります。しかし、一朝一夕に頭がよくなるはずもないですよね。気休めかもしれませんが、頭の回転が速くなる栄養素というものがあります。これらを摂取していると、何となく記憶術が実践できているようになるかもしれません。

記憶術の効果をアップさせる栄養や運動! 恋活&婚活中の方は必見!

記憶術に効果的な栄養素① DHA、EPA

DHA「ドコサヘキサエン酸」とEPA「エイコサペンタエン酸」です。うつ病の際は、これを摂取しなさいと医師に言われてました。
 
魚の目玉の裏のプルプルしたところに大量に含まれています。「魚を食べると~頭が良くなる~」と一世を風靡した『おさかな天国』の歌詞にあるように、魚、特に青魚の脂身の含まれるこの成分は頭の働きを良くします。マグロの大トロなどにも含まれている「ω-3脂肪酸」の仲間になります。
 
脂分ですが、動物の脂身とは違い、血液をサラサラにします。脳の血行が良くなり、記憶術を実践したときの効果が増します。血行が良くなると栄養が隅々まで行きわたり、体の動きが良くなります。魚についての蘊蓄もこれで1つ語れますね。自慢にならない程度に役立ててください。
記憶術の効果をアップさせる栄養や運動! 恋活&婚活中の方は必見!

記憶術に効果的な栄養素 ②葉酸

これはレバーや緑色の野菜に多く含まれる成分で、やはり血行を良くして記憶術の効果を高めます。特に妊婦さんはおなかの赤ちゃんの造血のために必須不可欠な栄養素だと言われていますが、それ以外の人も日常的に摂取していくことで、脳がいつも以上に働きやすくなります。
 
脳を活性化させることで、本来の力、記憶力を高めていくために、積極的に血の巡りを良くしていきます。記憶術がいらなくなるかもしれません。婚活ネタとして「葉酸」はアリかもしれません。妊娠後の体調をいたわるネタになりますので、知っておいて損はないと思います。
記憶術の効果をアップさせる栄養や運動! 恋活&婚活中の方は必見!

記憶術の効果UPのための運動

運動をすれば記憶力が上がるわけではありません。しかし、特定の状況で運動をし続けることで、脳から「やる気ホルモン」が出て、集中力が出て記憶力も上がります。要は天然の記憶術になります。
 
方法は簡単で、
①有酸素運動をする(激しく動く必要はない)
②30分以上これを続ける
③徐々にホルモンが出てくる
 
これだけです。マラソンする必要もなくて、散歩だけでOKです。同時に外で運動をして太陽の光を浴びることで、脳から「セロトニン」という神経伝達物質の分泌が促されます。セロトニン欠乏症がうつ病であり、逆にしっかりとセロトニンが出ることで、落ち着いて物ごとに対する集中力が高くなります。
 
記憶術実践のためには、しっかり集中する必要があり、その意味でも外での30分の散歩によって息抜きがてら、効果的なサイクルに持ち込むことが重要です。適度な運動+記憶術に効果的な栄養素でかなり脳を活性化させることができるはずです。
記憶術の効果をアップさせる栄養や運動! 恋活&婚活中の方は必見!

記憶術をアップさせる土壌づくりが大切

うつ病からの回復と記憶術はそこまで因果関係がないかもしれませんが、まったく考える気力がなかった状態から回復できたのは、上記を意識した結果です。頭の働きが良くなれば、記憶力も向上し、記憶術に頼らなくても良くなるかもしれませんし、同じ記憶術を実践したときにその効果が段違いです。
 
いろいろな記憶術を探すのも重要ですが、まずその効果をアップさせる土壌づくりが大切なのではないでしょうか?

松田(松本)謙太郎の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…