自分で出来る、感情をコントロールする3つの魔法

感情のコントロールって難しくないですか? 私はあまり得意ではありません。

みなさん、こんにちは。cocoです。

感情のコントロールができなくて人間関係に亀裂が入ってしまい後悔してしまった……という経験は、誰しもあるのではないでしょうか?

特に女性は生理もあり、ホルモンバランスの影響でイライラしがちな時期があったりと、不安定になりやすいですよね。

自分でできる感情のコントロール方法を知っていれば、自分自身が今よりもっと楽な生き方ができるはずですよ。

自分でできるセルフコントロール

「周りは変えられないけど、自分は変えられる」

学校の授業等でよく言われる言葉ですよね。でも、これは本当に利にかなっています。

感情のコントロールも人の手を借りて行うのではなく、自分でセルフコントロールして、楽に生きて行けるようにしましょう。

一人になる

感情が高ぶってしまう時は、絶対に何かしらの要因があるはずです。

一人で過ごしている時にいきなり感情が高ぶり、コントロール出来なくなる事なんてないですよね。

もしあれば、それは精神的な病気かもしれないので、心療内科を受診する事を考えるべきです。

・一人になる

これは、逃げる様で嫌という風に思われる方も勿論いると思います。しかし、これは逃げるのではありません。

周りとの亀裂を避ける為、自分自身が後々後悔しない為に、感情をコントロールし、落ち着かせる為に一番必要な事なのです。

周りに何と言われようと、出来る事ならば、すぐに落ち着ける空間で一人になる様にしましょう。自分で出来る、感情をコントロールする3つの魔法

目の前の事に取り組む

「悲しいから泣くのではない、泣くから悲しいのだ」という言葉を聞いた事はありませんか?

それと同様で、例えば何か怒りに満ちた時、何か落ち込む事があった時、人はその感情と向き合いイライラしたり、落ち込んだりと何も手につかなくなる。

つまり、コントロールが出来ない状態になってしまうのです。

・目の前の作業に取り組む

・しなければならない事を行う

感情と向き合う事も大切ですが、それでは一向に気持ちはコントロールできません。

少しでも早く冷静を取り戻したい時は、いち早く目の前の作業や、後回しにしていたしなければならない事に取り組むべきです。

行動を行えばそれに集中するので、気持ちが落ち着いてきて、次第に冷静になれます。

「コントロール」しているというよりも「忘れている」と思われた方が合っているかもしれません。目の前の事は片付くし、あなたの気持ちにも平穏をもたらしてくれるのです。自分で出来る、感情をコントロールする3つの魔法

コントロールする前のコントロール

できれば感情的になった後に感情をコントロールするのではなく、感情的になる前に感情をコントロールしたくありませんか?

いつでも一定の感情でいれる様に、ちょっと上級者向けのコントロール法も知っておきましょう。

チャレンジする

人間というものは、実は毎日同じ事の繰り返しをしながら生きています。多かれ少なかれ、時間帯は異なるにしても、食事をし、仕事をし、睡眠をする。

そのサイクルは基本は変わりません。

だからこそ、真面目な人程精神的に追い込まれたり、感情がコントロールできなくなってしまうのです。

・日常に変化が無いから

何か違ったモノが横から入ると、心が適応出来ないのです。

感情的にならない様にコントロールするには、常に変化に耐えられる環境を作っておく必要があります。

少しの刺激でいい、少しの変化でいいので、日常に変化をもたらしてください。一定の環境でなくなるだけで感情も変化するので、とっさの対応に応じやすくなりますよ。自分で出来る、感情をコントロールする3つの魔法

まとめ

感情のコントロールは人間にとって最大の課題です。いくらポーカーフェイスの人だって、感情が高ぶったり、落ち込んだりする時はあるのです。

しかし、いかにそれを表に出さずにコントロールしているか、そこが重要になって行きます。

感情が波打つ回数を減らし、コントロールが少しでも上手く出来る様になっていけば、これからの人間関係を良好に送る事ができるかもしれません。

少しずつ、自分のできる事からセルフコントロールできたら良いですね。

cocoの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…