要領が悪いなぁと困っている人必見! 優先順位を考える時に大事なこと

要領が悪いと頭を悩ませている方はいませんか? どうしてか物事の整理がうまくできずに、必死に取り組んでいるのに満足した結果に繋がらない方。

そんな時には優先順位について考えてみましょう。この考え方によって、要領が悪い事態を避けることができますので参考にしてください。

その時の優先順位について

一つのことをしながら「あっアレもしなくちゃ」「そういえばアッチしていなかったな」と、目の前で取り組んでいることがコロコロ変わって、要領が悪いなと感じる方。

その要領の悪さは、優先順位がしっかりとしていないことが原因となっていることに気付いているでしょうか。行動する前、そして行動している間に優先順位について考えることでスムーズな取り組みができ、最終的に満足いく結果を得ることができますよ。

要領が悪い事態を避けるためには、優先順位についての考え方を見直す必要があるのです。

「今この時」を考えてください。今すぐに必要なことから取り組み、それをこなしていくことで「しなければならないことを忘れていざとなった時に慌てる」ということがなくなります。
要領が悪いなぁと困っている人必見! 優先順位を考える時に大事なこと 頭の中にタスクがたくさんあったとしても、一つは明日までにしなければならないこと、一つは1週間後に終わらせておけばよいことなど、期限でくくると様々ですよね。

今しなければ間に合わないこと、次に終わらせておかなければ困ることについて「今」と「期限」について整理して取り組んでください。

将来的な優先順位について

「今」とは反対に「将来的」という意識も優先順位には必要なことがあります。

今、目の前にあることに必死になり過ぎて、人生のレールがあなたの思った方向に進んでいない、なんてことになったら大変ですよね。

そのためにも、優先順位を考え「目標」を定めると分かりやすいですよ。

目標といっても、1年後や数年後のことでなくても構いません。朝「今日のお昼までにコレとコレをしよう」など、短時間での設定でもいいのです。すると、急に入ってきた用事に対する優先順位もその都度調整しやすくなり、要領が悪い人という印象を周囲に与えることはありません。
要領が悪いなぁと困っている人必見! 優先順位を考える時に大事なこと

目の前にいる人への思いやり

そして最後に、目の前にいる人への思いやりを忘れないことで、要領が悪い人ではなくなります。

要領が悪いと、あなた自身も困った状況を招きますし、同時に周囲の人に迷惑をかけることもあります。

例えば、仕事を頼んだ後輩に「頼んだ仕事してくれているところ悪いけど、この仕事もお願い」「あっ! これもしてもらわないといけないんだ!」なんてポロポロとお願いしてしまうと、その後輩の仕事の優先順位も滅茶苦茶になってしまいます。

仕事の話だけではありません。あなたの目の前にいる人が何をしているのか、何を思っているのかを思案しましょう。

思いやりの心を持っていれば、無茶なお願いをすることはありませんし、お願いをする前に一呼吸おいて、要領よく接することができるようになりますよ。
要領が悪いなぁと困っている人必見! 優先順位を考える時に大事なこと

パニックになる前に立ち止まる

「要領が悪いなぁと困っている人必見! 優先順位を考える時に大事なこと」についてご紹介しました。

要領が悪いことで、事態がぐちゃぐちゃになりパニックになりそうになっても、一旦立ち止まりましょう。

人生は長いので、一度立ち止まることはそう間違いではありませんし、一つの判断が取り返しのつかないことになりかねません。その都度、優先順位を確認すれば、自信を持った決断の繰り返しによって豊かな生活を送ることができますよ。

春森 桜の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…