パステルカラーで女度アップ♪ モテる女子のカラーメイク術

顔全体がぱっと明るい印象になるパステルカラーは、メイクにうまく取り入れたいカラーです。しかし「パステルカラーは取り入れるのが難しい」と感じている人もいるのでは? 大人かわいいメイクのコツを、解説していきましょう。

パステルカラーは使うのが難しい?

パステルカラーは、メイクを華やかなイメージに変えてくれる一方で、使い方によっては色が浮いてしまったり、派手になりすぎてしまったりすることも。さらに「幼い雰囲気になってしまいそうで、挑戦しづらい……」という人もいるかもしれませんね。

しかし、自分に似合う色味をチョイスすれば、大人かわいいパステルカラーメイクが実現できるんです!

大人っぽさを演出したいときには、パープルやエメラルドグリーン、ブルーなど寒色系のパステルカラーを選んでみて。暖色系カラーに比べて、落ち着いた印象を演出しやすくなります。

肌色とのバランスも見ながら似合う色を探してみましょう。理想の色味を実現するためには、アイシャドウやチークを混ぜて使うのもおすすめです。

パステルカラーで女度アップ♪ モテる女子のカラーメイク術

目元にパステルカラーをオン!

パステルカラーを上手に使いたいなら、まずアイシャドウを手に入れましょう。デパコスでもプチプラでも、パステルカラーでまとめたアイシャドウパレットがたくさん展開されているので、気になるアイテムを探してみて。

 

1、アイホール全体に、パレット内の1番薄いカラー(ホワイト系のカラー)をのせる

2、パステルカラーを上まぶたの目尻3分の1程度にのせる

3、下まつげ沿いにも、パステルカラーを目尻3分の1程度にのせる

 

アイシャドウは、目尻を中心に目の輪郭を囲むようにのせていくことで、ほどよく甘く、大人っぽさも感じさせるメイクが完成します。

さらに、アイラインやマスカラ、眉メイクは控えめにすることもポイント。濃いアイメイクは、ふわっと優しい色味とマッチしません。ナチュラルさを残すことで、パステルカラーの魅力を引き立てましょう。

パステルカラーで女度アップ♪ モテる女子のカラーメイク術

頬や唇にパステルカラーをオン!

パステルカラーの中でも、ピンクは特にフェミニンで心躍る色味ですよね。幼くならないようにピンクを使うためには、アイメイクだけでなくチークやリップに取り入れるのもおすすめです。

チークやリップは、アイシャドウに比べてピンクの種類も豊富なため、肌に馴染む色味も探しやすいはずです。

チークやリップにパステルカラーを使うときのポイントは、次の通りです。

 

1、チークとリップの色味を合わせる

2、チークは、幼くならないように頬骨に沿ってななめに入れる

3、リップは、コンシーラーなどで唇本来の赤みを消してからのせる

4、チークもリップも、濃くならないように注意し、指でポンポンと叩くようにしながらのせていく

 

また、パステルカラーの淡い色味を活かすためには、お肌そのものが白くきれいであることも重要です。普段のスキンケアも見直しながら、パステルカラーを活かせるお肌づくりにもこだわってくださいね。

パステルカラーで女度アップ♪ モテる女子のカラーメイク術

パステルカラーメイクで旬顔に変身しよう

普段、ブラウンやベージュなどのカラーを愛用している人も、時には気分を変えて、パステルカラーメイクに挑戦してみませんか?

甘いパステルカラーを使えば、いつもと違うイメージに変身できるはず。雰囲気の違うあなたの姿に、周りの人はどきっとするかもしれませんよ。

ちありの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…