【2018】流行色を上手に取り入れた、こなれスタイルの作り方

ファッションもメイクも、流行色を上手に取り入れるだけでおしゃれなイメージに変わるもの。

あか抜けたイメージになりたいなら、流行色を取り入れた華やかな自分スタイルを作り上げてみて。トレンド感のあるスタイルのコツを、解説していきます! 

2018年の流行色とは?

日本流行色協会によれば、2018年は「ビジョナリーミント」が流行色になるとのこと。

ビジョナリーミントとは、水色と緑の中間のような、爽やかなカラーです。ビビットなカラーと言うよりもパステルカラーに近く、ふんわりと優しいイメージを演出してくれるのが魅力。

さらに、その他にも柔らかな色味のグレーやカーキなど、優しげなカラーが流行色として注目を集めそうです。

「去年、お気に入りだったコーデを今年も身につけたい!」というときは、流行色を意識的に取り入れて、旬のスタイルに変えましょう。【2018】流行色を上手に取り入れた、こなれスタイルの作り方

モノクロ+ポイント使いで流行色が活きる!

どんな色であっても、流行色を上手に取り入れるコツとして、ポイント使いする方法を覚えておきましょう。

一番シンプルで取り入れやすく、役立つテクニックが「モノトーンコーデ+差し色として流行色を一色チョイス」というスタイルです。

例えば、ホワイトのトップス(冬はニット、夏はノースリーブなど)にブラックのパンツやスカートを合わせれば、すぐにスタイリッシュなコーデが完成しますよね。そこに、バッグや靴で流行色をプラスしましょう。

このとき、取り入れるカラーは一色にしぼるのがベスト。

バッグはグリーン、靴はピンクというように二色以上取り入れると、ちぐはぐなイメージになりかねません。両方グリーンで統一すれば、一気に洗練されたトレンドコーデが完成します。

メイン使いするなら、ベーシックカラーと合わせて

流行色をメインで使いたいときは、ベーシックカラーと組み合わせるのがコツ。

例えば「グリーン×ホワイト」「イエロー×ブラウン」「ピンク×グレー」というように、使いたい色を絞ることで上品なイメージに仕上げましょう。

カラフルなコーデは「華やかすぎて、悪目立ちしそう」「幼いイメージになりそう」と感じてしまうかもしれませんが、ベーシックカラーと組み合わせれば、ごちゃごちゃしたイメージにはなりません。

さらに、大人かわいいコーデにしたいなら、靴やバッグにブラックなどのダークカラーを選びましょう。締め色を入れることで、一気に大人っぽい印象に変わります。【2018】流行色を上手に取り入れた、こなれスタイルの作り方

メイクやネイルに流行色をプラス!

流行色を取り入れるために、工夫できるのはファッションだけではありません!

例えば、普段使っているコスメを見直してみて。アイシャドウやチークを、流行色に切り替えることもできるはず。仕事中、スーツや制服を着る人でも、メイクなら気軽に流行色が楽しめます。

さらにおしゃれな雰囲気に仕上げるためには、ネイルも流行色に変えてみましょう。ネイルが華やかだと、小物やアクセサリーまでシックにまとめたモノトーンコーデであっても、トレンド感を感じさせてくれます。【2018】流行色を上手に取り入れた、こなれスタイルの作り方

流行色を取り入れて、あか抜け美人に変身

買い物をするとき、つい自分の好きな色を選んでしまう人は多いですよね。もちろん、自分らしいスタイルを楽しむことも素敵ですが、時には新鮮さも取り入れたいもの。

流行色を意識しながら、ぜひトレンドスタイルに挑戦してみて! 

ちありの他の記事を読む

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…