上手な嘘をつくことでセックスがさらに盛り上がる!

こんにちは、センチネルです。

女性の皆さんはセックスの際「どんな嘘をつく」ことがありますか? 気持ち良くないのに気持ちいいと言ったり、そんな嘘をつくこともあるかと思います。

さて今日は「セックスを盛り上げるための上手な嘘」をご紹介したいと思います。別段、悪いことではありませんよ。

ちょっと大げさに喘ぎ声を出してみる

まずは喘ぎ声のお話。女性の中には色々といらっしゃると思います。喘ぎ声について色々と工夫をされている方とか。もしくは、喘ぎ声を意図的に出そうとしなければ、全く声が出ないという方もいたりして。

で、そんな喘ぎ声ですが、ちょこっとだけオーバーに出してあげれば、相手の男性は喜びます。興奮するのです。考えようによっては嘘をつくことになり、基本に嘘は悪いこととされています。

が、しかし。

この嘘は上手な嘘だとは言えませんか? 相手である男性のためにやっているのですから。もしくはセックスを盛り上げるためにしているのですから。別段、悪いことではないような気もします。

もしくは、ちょっとオーバー気味に喘ぐのは、女性が自分自身の気持ちを高めるためにやるというものでもあるでしょうから、一概に悪い嘘とは言えないでしょう。

上手な嘘をつくことでセックスがさらに盛り上がる!

上手な嘘をついて相手の男性を褒めてみる

はい、セックスの際中に言葉を交わすことってありますよね。相手がどうなっているとか、気持ち良さを伝えたりとか、色々とあるはずです。

で、女性の方は「気持ちいい」とか「もう無理」とか、そんな言葉を言っているかもしれませんね。これも上手な嘘です。

そういった言葉は男性を褒めているのですから悪い嘘ではないでしょう。むしろ男性にもっと励んでもらうための叱咤激励に近いかもしれませんね。「頑張れー」とか「ファイト―」とかそんな意味の言葉。それだけで男性はもっと頑張ってくれるはず。

逆に女性の方も「可愛い」とか「気持ちいい」とか言われたら、悪い気はしないのではないでしょうか。

むろんホントに「気持ちいい」と感じているのであれば、セックスの感想を素直に伝えればいいでしょう。セックス中に感想を言うのはいいことですね。

上手な嘘をつくことでセックスがさらに盛り上がる!

あまり嘘を付き過ぎるのもよくない

では最後に「セックスで上手な嘘をつく」ときに気を付けたいこと。

それは「男性が無茶苦茶ヘタクソな場合は嘘を付いてはいけない」ということですね。もうヘタクソを通り越して、痛いとか苦痛とか。そういった場合は上手に嘘をつくもへったくれもありませんよね? 痛みや苦痛を我慢するのはよくない。

にもかかわらず、嘘をついて「良かった」とか「気持ちよさそうな喘ぎ声」を出すのはちょっとおススメしません。というよりも、それはセックスを盛り上げるための上手な嘘ではありません。下手な嘘です。

お互いの気分を盛り上げるために使う嘘こそが、上手な嘘であると言えるでしょう。

上手な嘘をつくことでセックスがさらに盛り上がる!

さいごに

さて今回は「上手な嘘をつくことでセックスがさらに盛り上がる!」というお話でした。

まとめるなら「相手を興奮させるため、気分を盛り上げるための言葉や喘ぎ声は上手な嘘」ということでした。ただし、自分が苦痛であるなら嘘を付いて「良かった」と伝えるのはよくないですね。

セックスでは上手に使いどころを見極めて、嘘をついてみましょう。それでは、またお会いしましょう。

センチネルの他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

1うーん…