好きじゃない人と付き合うのも全然アリ!?

こんにちは、センチネルです。

女性の皆さんは「好きじゃない人と付き合う」という経験をしたことはありますか? なんだか悪いことをしているような気分になったり……。

しかし、好きじゃない人と付き合うのも全然問題ありません。むしろ付き合ってから好きになっていく可能性だってあるわけですから。

「好きじゃない人」と「嫌いな人」は違う

はい、まず前提条件に「好きじゃない人と付き合う」のは問題ありません。「好きではない」だけですから。逆に言えば「嫌いではない」ということ。

けっこういますよね? 嫌いじゃないけど、かと言って好きでもない方とか。例外で言えば、告白をされて急に意識をし始める存在というのもあったりしますね。

が、しかし……

問題なのは「嫌いな人と付き合う」ということ。と言っても「嫌いな人と付き合う」女性はまずいないでしょう。もし「嫌いな人と付き合っている」という方は、いったい何を目的にしているのかちょっとお伺いしたいところ。

さて、ですから「好きじゃない人と付き合う」ということは、「これから好きになる可能性がある人と付き合う」と考え方を変えてみてもいいでしょう。

最初は好きでもなかったけど、段々と好きになっていくとか、ちょっと少女漫画っぽい感じがしていいですね。好きじゃない人と付き合うのも全然アリ!?

好きという気持ちは時間をかけて変化するもの

基本的に「好き」という気持ちは段々と時間をかけて沸き起こってくるものです。

例えば最初は小さな好意を受けて、それが時間の経過にしがたって「好き」という感情に変化していったりだとか。そんな感じです。

つまりは「好きじゃない人と付き合う」という場合であっても、相手と一緒にいることで好きになっていく場合もありますから、お付き合いを始める時点で「好き」という感情がなくても問題はないでしょう。

むしろ「好きじゃない人と付き合う」からこそ、いらない期待感を生むこともなく、肩の力を抜いて恋愛に挑めるという女性もいるかもしれません。「好き」は育てればいいのです。好きじゃない人と付き合うのも全然アリ!?

好きという感情にはいろんな種類がある

はい、最後にお伝えしたいのは「好きにもいろんな種類がある」ということですね。単純に「好き好き愛している」という好き、「なんか一緒にいたら落ち着く」という好き、「見てるだけで心臓がドキドキ!」という好き。

好きにも色々と種類があるのが事実。

ですから「好きじゃない人と付き合う」と思っていたとしても、実際のところは「好きってわけじゃないけど一緒にいて落ち着く」と思っているのかもしれません。つまりは好きという感情が上手く見えていないだけ。

であれば「好きじゃない人と付き合う」というものは、「相手のことが本当は好きだけど、何が好きか見えてないだけ」という可能性だってあるのです。

だからこそお付き合いをしていく中で、自分が相手のどこを好きなのかを知ることができるようになるでしょうね。好きじゃない人と付き合うのも全然アリ!?

さいごに

さて、今回は「好きじゃない人と付き合うのも全然アリ!」というお話でした。まとめると「好きの形はイロイロあるし、相手の何が好きか見えてないだけで、段々と好きになることもある」ということでした。

それでは、またお会いしましょう。

センチネルの他の記事を読む

この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…