入学シーズンといえば出会いの季節! ありがちな失敗を予習して理想の彼氏をGETしよう

春といえば入学シーズンです。

新たな人たちと出会いが待っているということは、新たな恋が待っているともいえます。素敵な出会いのためには失敗エピソードを知ることから!

今回は入学シーズンにやりがちな失敗をまとめてみましたので、予習しておきましょう。

気合を入れすぎたファッションで引かれる

入学して、制服が私服になったり、新しい環境や新しい顔ぶれに興奮するあまり気合を入れすぎて、毎日学校に着ていく服が派手になってしまったというケースがあります。

これまで毎日制服で登校をする生活を送っていた反動で、ファッションに気合を入れたくなる気持ちは分かりますが、あまり派手になりすぎても悪い意味で目立つだけですし、ガチガチに固めたファッションでは男性どころか、女性も寄り付かずに気が付けば孤立していたということになりかねません。

ファッションは自分の年代をターゲットにした雑誌を参考にしながら、コンサバ系のアイテムを取り入れていくと失敗はしないでしょう。

入学シーズンといえば出会いの季節! ありがちな失敗を予習して理想の彼氏をGETしよう

早まった決断をして好きでもない人を彼氏にする

入学をすると新しい出会いを求めるのは新入生だけでなく、先輩も同じことです。

先輩からの猛プッシュに負け、断り切れずにそんなに好きでもない相手とお付き合いをするハメになるかもしれません。

入学からしばらく経って理想の男性が見つかっても、彼氏持ちだと女性として見てもらえなかったり、理想の男性に告白をしようと思って付き合っている彼氏に別れを告げようとしてもなかなか応じてくれなかったりします。

ですので、お付き合いをする相手は入学したばかりの出会いを求めたいテンションのまま、早々に決断をしてしまうのではなく、少し時間が経って、相手の性格まできちんと把握できた梅雨頃に決めたほうが良いでしょう。

過去の恋愛の話をしすぎる

入学して知らない相手に自分のことを知ってもらう術として、自分の過去の恋愛の話を暴露する方法があります。

自分の経験だけでなく、その時の自分の周りにどんな人がいたのか、また自分の考えや行動なども話すことができ、話のネタとしてはたいへん魅力的なものです。

しかし、素敵な男性との出会いを求めるのならばこれはおすすめできません。

学校で安易に過去の恋愛をしても「軽い女」というレッテルを貼られるだけです。

お付き合いしたことがある過去を隠すのはちょっと、という人は「お付き合いをしてみたことがある」くらいに留めておいたほうが無難です。

入学シーズンといえば出会いの季節! ありがちな失敗を予習して理想の彼氏をGETしよう

男性を警戒しすぎて恋人ができない

入学したばかりの女性には、出会いを求めている男性が多数近寄ってくるものですが、その男性たちの中には肉体関係だけしか考えていない男性もいるかも知れません。

ですので、多くの女性は「この人は本気で出会いを求めているのかな」と疑う癖がついていると思います。

しかし、この疑いや警戒の姿勢があまりにも強く相手にまで伝わってしまうようでは、いい出会いとは程遠い女性になってしまうでしょう。

一度くらい食事に行ってみたり、頻繁にメッセージのやり取りやしないにしても連絡先を聞かれたら交換するくらいオープンな姿勢でいると、素敵な出会いや理想的な男性も自然と近寄ってくるものです。

 

入学シーズンが忙しすぎて恋人探しの時間がない

入学シーズンは新しい目標や夢ができ、自分の経験を増やしたり価値観を変えたり、視野を広げようと勉学やアルバイトに励みすぎる学生が多く見受けられます。

学生は勉強するために入学をするというのが一般論ですから、それでいて何も悪いことはないのですが、少しくらい息抜きする時間や、友達と遊びに行く時間をとっておくほうが学生生活が楽になります。

勉強とアルバイトに忙しくしていて、リフレッシュや気分転換する時間がないようでは、新たな出会いに向けて自分磨きをする時間も十分に取れませんし、なにより出会いの為の時間がありません。

入学した頃は気合が入ってしまいがちですが、そこは少し堪えて、スケジュールにゆとりのある生活を組み立ててみましょう。

入学シーズンといえば出会いの季節! ありがちな失敗を予習して理想の彼氏をGETしよう

失敗から学んで素敵な出会いを!

入学シーズンといえば出会いということで、出会いにまつわる失敗エピソードをまとめてきました。大切な時期に失敗することがないようにしっかりと予習をして、素敵な出会いを見つけていきましょう。

愛の他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…