【恋の手相占い】結婚線でみる恋愛運 恋人ができるのはいつ?

両方の手の平にあらわれるいろいろな線、「手相」

手相からは、その人のさまざまな運命を読み取ることができます。今回は、手相の中でも「結婚線」について紹介していきましょう。

文字通り、結婚運がわかるのが結婚線ですが、恋愛についてもみることができます。今回は、結婚線からあなたの恋愛、そして結婚運を明らかにしていきましょう。

結婚線はどこにある?

結婚線は、小指の付け根の下に出る、短い横線です。感情線の上に位置しています。線の位置によって結婚する年齢がわかります。また、線の太さや長さによって、どんな恋愛や結婚生活を送るのかもわかるのです。

結婚線は左右の手両方にありますが、左手は生まれ持った運勢をあらわし、右手は現在や未来の運勢があらわれます。もし、左手の手相が悪くても、努力によって運勢は変えられます。

その努力の結果が右手の手相にあらわれるのです。ですから、今後の恋愛・結婚運が知りたいなら、右手の結婚線をみるのがいいでしょう。

そして、手相は運勢が変わると変化しますから、時々線に変化がないかどうか観察してみるのをオススメします。【恋の手相占い】結婚線でみる恋愛運 恋人ができるのはいつ?

今の恋愛長続きする? 結婚に結びつく?

小指の付け根と感情線の間のスペースの、ちょうど中央部分が30歳です。この位置に結婚線がある場合は、30歳で結婚するということになります。

これよりも上に結婚線があると、30歳よりも上の年齢で結婚します。これよりも下の位置に結婚線があれば、30歳以下で結婚するでしょう。

つまり、結婚線が指側に近いほど晩婚気味で、手首側に近いほど早婚気味だと言えるのです。

それから、もし両手の結婚線が同じ高さにあったら、その時期に「運命の恋」と言えるような相手に出会い、最大の結婚のチャンスがやってきます。【恋の手相占い】結婚線でみる恋愛運 恋人ができるのはいつ?

結婚線の長さからわかること

・長くて横にまっすぐ伸びている結婚線

この時期にお付き合いした相手とは、末長く一緒にいます。とても深い縁がある人なので、結婚に結びつく可能性が高いでしょう。結婚線が複数ある場合、いちばん太くて長い結婚線に着目してください。

その年齢のときに交際した人と結婚する可能性大。ですから、交際はとても実り多いものになるでしょう。

 

・結婚線が短い、あるいはない

結婚向きではない人に多い手相。恋愛はたくさんしても、なかなか結婚に結びつきません。結婚できないというわけではありませんが、結婚よりももっと幸せを感じられる事柄があるということです。

また、結婚したくないと思うなら無理してしないほうが幸せになれます。仕事や趣味に一生を捧げるのも十分アリです。【恋の手相占い】結婚線でみる恋愛運 恋人ができるのはいつ?

結婚線は変化する

あなたやパートナーの結婚線を見れば、どんな恋愛・結婚運を持っているのかがわかります。あなたの手に刻まれている結婚線の見方を覚えて、運命を知り、本当はどんな結婚を望んでいるのかじっくり考えてみましょう。

また、いい相手がいたら、その人の結婚線をこっそりチェックしてみてください。結婚線は正直ですから、相手の見えない素顔まで見通せます。

ただ、あまりよくない結婚線を持つ人であっても、この人とは縁がないとすぐにあきらめないことです。先にお伝えしたように、手相は変化しますから、おつきあいをしてから、相手がよいほうへ変わる可能性も十分に秘めているからです。

手相の中でも結婚線は特に変わりやすいので、つぶさに観察しているといいでしょう。

環境や心の持ち方、生活習慣などがよい方向に変化すると、新しい線があらわれたり、従来の線が色濃くはっきりとあらわれるようになります。

紅 たきの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…