【お悩み相談室】セックスが強い人の悩みとその解決法

フィジカルな面から、セックスが強い人のことを書いてもいいのですが、わたしは医者ではないので書けないので、今回はセックスをメンタルの方面から眺めて、性欲が強い人のことについて書きたいと思います。

さて、性欲が強すぎる女子……と書くと「わたしには関係ない」と思う女子も多いかと思いますが、そういう人が実際にいます。

しかも、あなたのマンションの住人みたいに、一見してごくふつうの感じの人が、セックスが強すぎる(性欲が強すぎる)ことに悩んでいたりします。そういう人たちは、たとえば以下のような行動に出ることもあるそうです。

性欲が強すぎる男女の実態

今はかなり取り締まりが強化されたようですが、その昔は、ハプニングバーなるものがあり、芸能人やモデルさんたちも、しばしばそこを訪れていました。性欲の強い女子は、そこに朝までいて、何回も楽しんでいた……というのは、港区にあったハプニングバーの店長の証言。

「わたし、マンションの隣の人、知らないけど、昼間からしたくなる時があって、隣の人でもいいから入れてもらいたい」と言っていた女子もいるそうです。繰り返しになりますが、ホントにふつうのルックスの女子(29歳・OL)の話です。

男でそこまで性欲の強い人は……お金がかかって仕方ないこともあります。ハプニングバーは男性単独の入場だと1万円くらいします。対して、女子は無料。

あるいはマッチングアプリ。男子に課金されるシステムはたくさんありますが、女子に課金されることはあまりない。あるいはヤル相手探しのために行くキャバクラ。当然お金がかかります。あるいは風俗……言わずもがなでしょう。

性欲が強すぎる女子は、たとえば満足できるほどの相手を探す(複数の相手を探す)ことに悩んでいる。性欲が強すぎる男は、お金がかかって仕方ないことが悩みの種。表層的には、たとえばこういうことが言えます。

【お悩み相談室】セックスが強い人の悩みとその解決法

強すぎる性欲を支えている精神的な悩みについて

もう少し精神の深いところで「性欲が強すぎる悩み」を見ていくと、男子の場合は、淋しいという感情が強すぎるというケースもあります。

単なる強烈な女好き、つまり性欲単体が強いのではなく、わが胸を支配し続けている強烈な淋しさをどうすることもできず、セックスしたいと頻繁に&激しく思う、ということです。

女子の中にも「淋しい=セックスして埋めてもらいたい」という感情があるのかもしれませんが、男子にも同じかそれ以上にそういう気持ちがあって、それが事態を非常にやっかいなものにさせます。

たとえば、スナックで女を見たらすぐにおっぱいを触って、出入り禁止になるとか。で、それではと思って、お金をもってキャバクラに行くと、腕のいいキャバ嬢のいいようにされて、キャッシング枠が0円になったとか。

それでもめげずに借金してデリヘルを呼んで、お金がないものだからケチが顔を出して、ダメだと言われているのに本番を強要して、お店に「2度とうちの店で遊びません」と念書を書かされて母印を押さされたとか。

【お悩み相談室】セックスが強い人の悩みとその解決法

淋しさが生まれる場所・消える場所

淋しいという感情について科学的に書かれている本って、素人レベルでは探すのがむずかしく(ほとんどない)、では小説や映画に淋しさを正面から扱っているものがあるかといえば、悲しさ(母を失った悲しさとか)を扱っているものはたくさんあっても、淋しさを扱っているものは少ないです。

なので、そこまで強烈な淋しいという感情が、いったいどのようにして心に生まれ、どのようにして消えていってくれるのかが、あまりはっきりとわからない人のほうが多いんじゃないでしょうか。

わからないなりに考えてみたんですが、淋しいからセックスしたいという気持ちが強すぎる人って、親との関係がしっくりいっていないケースがある……と思いますが、いかがでしょうか。

親が悪いとかいいとか、そういう「親を判断する」のではなく、単純に「わたしの親って、こういう人なんだ」と思えない、つまりありのままの親を「こういう人だけど、まあ仕方ないか」とは思えない。

そういう人の中に、やたら性欲が強くて困っている人がいるように思います。

【お悩み相談室】セックスが強い人の悩みとその解決法

もっとも、性欲が強すぎても、ちっとも困っていない人もいて、そういう人はいろんな相手とヤりたいときにヤりながら歳をとっていけるでしょうから、淋しさを紛らわせることができて、なにひとつ悩んでいないのかもしれませんね。それはそれでいい人生だなあと思います。

ひとみしょうの他の記事を読む


この記事どうだった?

4いいね!

1うーん…