今すぐ不幸スパイラルから脱却し、モテを武器にする方法

「モテる子っていいよね〜」なんて羨ましがりこそすれ、デメリットなんて思いつきませんよね。でも、モテるほど不幸になる、なんて言われることもあるようです。

一見、無関係のように思えるモテと不幸の関係性。どう関わっているのかについて、考えてみましょう。

モテるほど不幸になるって本当? その理由とは

好きな人に好かれるとは限らない

モテとは、複数の人から好意を寄せられる状態をさします。つまり、あくまでも不特定多数から好かれるというだけのこと。自分が本当に好きな人から、同じように好きになってもらえるとは限りません。

「モテたい」と言う人は多いですが、これは、

・好きな人がいない状態で、いろんな人から好意を寄せられたい

・好きな人から好かれたい

というような意味合いで使っている人が多いはず。好きな人のことはそっちのけで、その他大勢から好かれたい・モテたいと考える人は、ほとんどいないでしょう。

モテる人って、それだけで目立つイメージがあります。それがますます魅力につながるケースも多いのですが、中にはモテる・目立つ女の子というだけで避けてしまう男性もいるんです。

その場合は、かえってモテが仇となります。想っても想っても、気持ちを返してもらえない状態……切なすぎますね(涙)。そういった意味では、モテることが不幸だとも言えるでしょう。

今すぐ不幸スパイラルから脱却し、モテを武器にする方法

ちやほやされている間に婚期を逃す

若い頃にモテモテで、男性がわさわさ寄ってきたような女の子は、その感覚をいつまで経っても忘れられない場合があります。すると、男性を必要以上に選り好みしてしまうのです。1度上がった生活レベルを再び下げようと思っても、そう簡単にはできないのと同じ感覚ですね。

もちろん、女の子の価値は年齢だけで決められるものではありません。しかし現実問題として、一般的に男性は若い女の子が好きですよね。となると、年をとればとるほどモテから遠ざかっていきます。

過去にモテた栄光が忘れられず、ハイスペックな男性だけを追い求めた結果、どうなるでしょう。

いつのまにか婚期を逃し、周りはどんどん結婚して子どもを産み、お母さんになっていく。自分は未だに独り身で、結婚どころか彼氏もいない、寂しい……という、不幸な状況に陥ってしまうケースもあるようです。

今すぐ不幸スパイラルから脱却し、モテを武器にする方法

モテ=不幸にならないために

モテることのデメリットについて挙げましたが、もちろんモテ自体が不幸と直結するわけではありませんよね。

モテることによって得られるメリットは大きいです。モテたからこそ幸せになれた! という人だって、たくさんいるでしょう。

ではここで、モテ=不幸にならないためのポイントを1つ。

それはとてもシンプル。ズバリ「周りの評価に流されないこと」これだけです。モテという状態は、単なる周りの評価に過ぎません。あなた自身が誰を好きか、将来どうやって生きていきたいか、そういったことは考慮されていないのです。

極論を言えば、モテは他人の評価軸に振り回されている状態。他人に振り回され続ければ、それはやっぱり不幸ですよね。

不幸にならないためには、あくまでも自分軸を大切にすること。自分の気持ちと向き合う時間を、意識的に取ることが大事です。

今すぐ不幸スパイラルから脱却し、モテを武器にする方法

おわりに

モテ=不幸にならないために、自分が本当に望んでいることを忘れないようにしましょう。他人の評価軸ではなく、自分軸でものごとを考え、行動するのです。

そうすれば、必要以上に他人に振り回されることもありません。不幸に陥ることも防げるでしょう。そこまでコントロールして初めて、モテを自分の武器として活用できるのです!

七尾なおの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…