やる気を出すにはどうしたらいい? 五月病にも負けない方法3つ

春には「五月病」というものがあり、やる気を出すことが課題になってくる時期です。せっかく勉強や仕事をしようとしていても、やる気が出ないと辛いだけですよね。

そんな春先の憂鬱を吹き飛ばす、やる気を出すテクニックを3つご紹介していきたいと思います。毎年五月病に悩まされる人は必見ですよ!

春には「五月病」というものがあり、やる気を出すことが課題になってくる時期です。せっかく勉強や仕事をしようとしていても、やる気が出ないと辛いだけですよね。

そんな春先の憂鬱を吹き飛ばす、やる気を出すテクニックを3つご紹介していきたいと思います。毎年五月病に悩まされる人は必見ですよ!

やる気を出すにはどうしたらいい? 五月病にも負けない方法3つ

とにかく今すぐ始めよう!

やる気が出なくて勉強や仕事が手に付かないときは誰にでもありますし、止めてしまうのは簡単なことです。しかしそれでは自分の弱い部分に負けたようでちょっと悔しいですし、作業もいつまでたっても終わらないですよね。

まずやる気を出すためには、脳の働きを知ることが大事です。脳には側坐核という部分があるのですが、ここを刺激するとやる気が出てくるという簡単な方法をご紹介します。

その簡単な方法とは、「何も考えず、とにかくやるべきことに手をつける」だけ!

イヤイヤでも手を動かして自分のやるべき作業を始めてみると、側坐核に刺激を与え、やる気を出すことができるという理屈です。

「とりあえず10分間だけやってみよう」など確実にできる目標を設定して取り掛かると、意外と調子が出てきて作業をやり続けることができますよ!
やる気を出すにはどうしたらいい? 五月病にも負けない方法3つ

やりたくない理由を紙に書いてみよう

それでもどうしてもやる気が出ない……うんうん分かります。人間ですから、そんな日もありますよね。

そういうときには、メモ用紙やノートに今の気持ちを書き出してみましょう。なぜやるべき作業ができないのか、どうしてやる気を出すことができないのか……その理由はいろいろあると思います。

「部屋がなんか寒い」→エアコンをつけましょう。

「眠いから」→タイマーをセットして、思い切って10分だけ眠ってください。

「お腹がすいているから」→軽く何か胃の中に入れましょう。

このように、できない理由をひとつひとつ潰していきます。そうするとやらない理由がなくなって、やる気を出すための良いきっかけになることも多いのです! 人間って単純にできていますよね。
やる気を出すにはどうしたらいい? 五月病にも負けない方法3つ

好きな友達としゃべってみよう

私たちは、仲間や友達に思いのたけをぶつけるとリフレッシュできる動物だそうです。

全然やる気が出ないときには、友達に電話をかけたり、思い切ってランチに誘って出かけてみたりするととても良い気分転換になります。

ポイントは好きな友達を誘うこと。それほど仲良くない形だけの友達と会ったところで何かと気分を害することもあったりして、ますますやる気を出すことが難しくなるからです。

好きな友達となら「なんだか春はあったかくて、やる気が出ないね~」などとのんびりグチを言い合っても癒されるでしょうし、全然関係のない恋バナをしたりしても楽しくリフレッシュできそうですよね!

うまく気分転換ができたら友達に感謝をして、次はあなたがやる気を出す番です。
やる気を出すにはどうしたらいい? 五月病にも負けない方法3つ

まとめ

今回は、やるべき勉強や仕事があるのにどうしようもないという気分のときに、強制的にやる気を出すテクニックを3つ書いてみましたが、いかがでしたか?

暖かくなったせっかくのいい季節に、やる気もなくダラダラグダグダするのはもったいないことですよね。やる気を出すテクニックをフル活用して、気分が乗らない作業は早めに終わらせちゃいましょう!

この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…