足の指には反射区が集中 マッサージを習慣にしてスッキリした朝を!

「朝からスッキリしない」「疲れが取れない」ということはありますか? そんな場合は足の指のマッサージをして、体調を整えましょう。

足の指には頭部、脳下垂体、目や耳などの反射区が集中していますので、マッサージを習慣にするとカラダが元気になるんです。

反射区ってなに?

反射区とは、全身の各器官や内臓につながるといわれる末梢神経の集中した部分のことをいいます。

反射区を刺激すると、各器官や内臓が活性化すると考えられており、それに基づいたマッサージ方法をリフレクソロジー(反射学)といいます。

「ツボと反射区はどう違うの? 」という人もいると思いますが、ツボは1つの「点」で全身にあるのに対して反射区は「面」で足の裏や足の甲などにあるという違いがあります。足の指には反射区が集中 マッサージを習慣にしてスッキリした朝を!

足の指の反射区を知ろう

足の指にはどんな反射区があるのか、足の指の反射区をみていきましょう。

・親指
足の親指の指先は頭頂部、親指の付け根は後頭部、親指の真ん中の指紋の中心部は脳下垂体、足の親指の内側は視床下部、外側は松果体

・人差し指
足の人差し指の指先は副鼻腔、人差し指の付け根あたりは眼球の動き

・中指
足の中指の先端は副鼻腔、付け根の部分は視力

・薬指
足の薬指の先端は副鼻腔、付け根の部分は三半規管

・小指
足の小指の先端は副鼻腔、付け根の部分は聴力

足の指の反射区を刺激してみよう

足の指のそれぞれの反射区が分かったところで、各反射区に少し刺激を与えてみましょう。力を入れて押したり、もんだりしてみてください。

痛みがあったり、固いと感じたりした部分があったら、その部分が不調だということが分かります。

例えば、足の親指の真ん中あたりを押さえたときに痛みがあった場合は、脳下垂体の不調が考えられます。

足の中指の付け根を押さえたときに痛い場合は目に不調がある可能性があります。

このように足の指の反射区を刺激することで、自分のカラダの不調がどこにあるのかを知ることができるんです。足の指には反射区が集中 マッサージを習慣にしてスッキリした朝を!

足の指のマッサージをやろう!

足の指には頭部、脳下垂体、目や耳の反射区があるので、足の指のマッサージをやることで疲労を軽減することができます。

1日の終わりに足の指のマッサージを習慣にすることで、スッキリとした朝を迎えることができるはずです。

では、足の指のマッサージのやり方をご紹介します。足の指には反射区が集中 マッサージを習慣にしてスッキリした朝を!

足の指のマッサージのやり方

1.手の親指と人差し指で足の指を1本ずつ、くるくると回して足の指をほぐします

2.手のひら全体で足の指を足首に向かって反らせます(手に力を入れ過ぎないように)

3.手の親指の腹で足の指の指と指の間・付け根をまんべんなくもみほぐします

4.同じく手の親指で足の指全体と側面を1本ずつもんでいきます

5.足の指全体を2と同様に足首に向かって反らせます

 

足の指をマッサージすると、足の血行も促進されるので冷え性の人にも効果的です。マッサージした後は全身も軽くなり、翌朝も気持ち良く目覚めることができます。

「疲れが取れない」「朝がスッキリしない」という人は、ぜひ足の指のマッサージをお試しください。

Marieの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…