正しい髪の洗い方をマスターしよう 洗い方を変えるだけでツヤ髪に!?

ツヤツヤの髪になるためにシャンプーを変えてみたりしたけど、なかなか思うような変化は得られないということはありませんか?

その場合、ひょっとしたら洗い方が間違っているのかもしれません。今回は、正しい髪の洗い方をご紹介しますので、この機会に髪の洗い方を見直してみましょう!

正しい髪の洗い方 ~ブラッシングからシャンプー~

まずはブラッシングからスタートする

髪の正しい洗い方としては、まずはブラッシングからスタートするようにしましょう。ブラッシングによって血行を促進し、頭皮や髪についたフケやホコリなどを落とすことができます。

ブラッシングする際には、まずは毛先のからまりを取り、その後頭皮に刺激を与えるような感じでブラッシングするようにしてください。正しい髪の洗い方をマスターしよう 洗い方を変えるだけでツヤ髪に!?

シャンプー前の予洗いは丁寧に!

お湯で大まかに汚れを落としたら、今度はシャンプーを使って本格的に髪を洗っていきます。

髪を洗うといいますが、実際に洗うのは頭皮です。お湯だけでは落とし切れなかった頭皮の皮脂や汚れを、シャンプーを使ってきちんと落としていきます。

シャンプーは適量を手に取り、まずはお湯で薄めてしっかりと泡立てます。

そして、後頭部、頭頂部、側頭部にのせて、頭全体になじませてから、指の腹を使って頭皮全体をマッサージするようにして洗っていきます。

頭頂部は皮脂の分泌が盛んなので丁寧に洗いましょう。また、耳の後ろなどは忘れやすいので、忘れないようにマッサージしながら洗ってください。正しい髪の洗い方をマスターしよう 洗い方を変えるだけでツヤ髪に!?

すすぎ残しがないように丁寧に流す

頭皮全体を洗ったら、すすぎ残しがないようにお湯で丁寧に洗い流します。

シャンプーが残っているとフケなどの原因となりますから、しっかりと洗い流してください。

正しい髪の洗い方 ~コンディショナー・トリートメント~

コンディショナー・トリートメントは毛先からつける

お湯で丁寧にすすいだ後は、コンディショナーやトリートメントで髪の毛をケアします。

コンディショナーやトリートメントを、シャンプーをつける時のようにして使う人もいますが、それは間違い。

正しいつけ方は、毛先からつけていくというもの。コンディショナーやトリートメントの役割は髪の毛の痛みを防いだり、髪の毛の指どおりを良くしたりするためのものなので、傷みやすい毛先からつけていくのが正解です。

シャンプーが頭皮を洗うためのものなら、コンディショナーやトリートメントは髪の毛を保護するためのもの。

ですから、コンディショナーやトリートメントは頭皮にはつけなくてもOKです。正しい髪の洗い方をマスターしよう 洗い方を変えるだけでツヤ髪に!?

コンディショナーやトリートメントは完全に洗い流すのが正解

コンディショナーやトリートメントは、軽くすすぐだけという人もいますが、それだと頭皮のトラブルの元になってしまいます。

今のコンディショナーやトリートメントはしっかりと洗い流しても効果に変わりがないものがほとんどなので、コンディショナーやトリートメントは完全に洗い流すのが正しい洗い方です。

Marieの他の記事を読む


この記事どうだった?

9いいね!

3うーん…