カレに会わせるのが恥ずかしい!? ひと癖あるお母さんの場合

「結婚」と「お母さん」。この2つのキーワードから、あなたは何を連想しますか? おそらく大半の女性が、相手側の母親を思い浮かべるでしょう。「厳しいお義母さんだったらどうしよう」とか「上手いことやっていけるかしら」とか。

それらの諸問題も重要事項ですが、自分の母親の諸問題もお忘れなく!

「結婚」と「お母さん」。この2つのキーワードから、あなたは何を連想しますか? おそらく大半の女性が、相手側の母親を思い浮かべるでしょう。「厳しいお義母さんだったらどうしよう」とか「上手いことやっていけるかしら」とか。

それらの諸問題も重要事項ですが、自分の母親の諸問題もお忘れなく!

カレに会わせるのが恥ずかしい!? ひと癖あるお母さんの場合

あなたのお母さんはどんなタイプ? 実母の性格をチェック!

義母との嫁・姑問題を心配する前に! まずは実母の性格をチェックしておきましょう。性格というよりも、自分との母娘関係といったほうが的を射ているかもしれません。あなたとあなたのお母さんは、どのような関係性にあるでしょうか?

余談ですが、筆者にとってのキングオブお母さん像はフランスの文豪ヴィクトル・ユーゴーの代表作『レ・ミゼラブル』に登場するファンティーヌです。

愛娘コゼットのために髪を売り歯を売り、ついには売春まで……。これぞまさに無償の愛! コゼットが結婚するまで生きていたら、さぞかし喜んだことでしょう。

そう、ファンティーヌのように、あなたに対して無償の愛を注いでくれているお母さんならノープロブレム。あなたが選んだ男性との結婚を心から祝福してくれるでしょう。

しかし、「無償の愛」ではなく「歪んだ愛」の場合は注意が必要です。相手男性にあれやこれや難癖をつけ、遠回しに結婚を反対する危険性もあります。

カレに会わせるのが恥ずかしい!? ひと癖あるお母さんの場合

ひと癖あるお母さんの場合は要注意!

お母さんの性格は、20年以上も彼女の娘をやっているあなたが1番よくわかっているはず。ひと癖ありそうなお母さんの場合は、あなたが選んだ結婚相手のどの部分に難癖をつけてくるか、事前予測をしておきましょう。

カレの職業に不満を持つのか、カレとあなたの年齢差に不満を持つのか、それから最近は国際結婚に反対するケースもあるようです。

キャラの濃いお母さんを持つ娘としてもっとも心配なのは、カレの結婚意欲がトーンダウンしてしまうことでしょう。

カレが持参した手土産の和菓子にケチをつけたり、学歴やら職歴やら根掘り葉掘り聞いては嫌味を言ったり……。そういった攻撃にカレがゲンナリし、「結婚話は白紙に戻そう」なんて展開になったら悲劇すぎます。

カレに会わせるのが恥ずかしい!? ひと癖あるお母さんの場合

ひと癖あるお母さんには事前に予防線を!

ここからは予防策。まだ結婚どころか彼氏すらいない人も、お母さんがひと癖あるタイプなら、早めに予防線を張っておきましょう。

たとえば常日頃から、「結婚するなら安定した公務員が1番よ!」が口癖のお母さんなら。「もし私が公務員以外の男性と結婚するって言ったらどうする?」と架空の話でシミュレーションしておきましょう。

「絶対に反対ってわけじゃないけど……」などの言葉が出てきたら、「その言葉、忘れないでね」「覚えておくからね」などの念押しを。

お母さん当人への予防線だけでなく、カレへの事前説明も大事です。「恥ずかしいんだけど、うちのお母さんってひと癖あるタイプで……」「もしかしたら失礼なこと言っちゃうかもしれないけど」などの事前説明があれば、カレの「心の持ちよう」もだいぶ違ってくるはず。

自分の母親を悪く言うのは心外かもしれませんが、顔合わせの現場で微妙な空気になるよりよっぽどマシです。

カレに会わせるのが恥ずかしい!? ひと癖あるお母さんの場合

最後に、ひと癖あるお母さんを持つことのメリットを。自分のお母さんがひと癖あるキャラだと、結婚相手のお母さん……つまり姑さんに対して「よっぽど気楽かも」と、ポジティブに捉えることができます。

世間一般で難しいとされている嫁・姑問題にも深刻に悩まされることはないと、開き直りましょう。

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…