付き合ってもすぐ別れたり冷めたりしてしまう女性の特徴3つ

彼氏ができても長続きせず、すぐに気持ちが冷めてしまう…。そんな女性には、ある共通した特徴があります。付き合いが長続きしない原因がどこにあるのかを知らなければ、いつまでも幸せな恋愛ができない“恋愛ジプシー”状態になってしまうかもしれません。

付き合ってもすぐ別れたり冷めてしまう女性の特徴3つ

■男依存の恋愛体質
「常に彼氏がいないと不安」と、「とりあえず」で安直に付き合ってしまいがちなのがこのタイプ。いつも恋愛していないと落ちつかないけど、付き合い始めてしばらくたつと冷静になって、それほど相手を好きじゃないことに気付く…というパターンです。

自分の誕生日やクリスマスなどのイベントに「一人は寂しいから」と好きでもない人と一緒に過ごしたり、男友達に告白されて、それまで何とも思っていなかったのに何となく付き合ってみたり…。

「とりあえず」で始まった恋愛は、はじめのうちはそれなりに楽しくても、相手のちょっとした欠点が気になるようになり、すぐに冷めてしまいがち。まずは「いつも恋愛していなくては」という男依存の体質を断ち切らないと、本当の恋愛はできないかも!?

■自分のことが見えていない
いつも自分と違うタイプの男性ばかりを好きになってしまい、価値観が合わずに別れを繰り返すパターンです。

たとえば、自分は毎日でも電話やメールをしたいのに趣味優先の男性を選んだり、逆に、自分の時間を大事にしたいのに束縛タイプの彼氏と付き合ったり。いくら好きだと思っていても、それでは長続きするはずがありません。

大事なのは、自分のことをよく理解すること。タイプの合わない男性とばかり付き合っていては、恋愛中もストレスがたまってしまいます。

■他人の評価を気にしすぎ
彼が他人からどう思われているかを気にしすぎて、自分の気持ちが後回しになっていませんか?

周りの評価ばかりを気にしていると、自分の本当の思いに気付くことができません。その結果、条件重視で彼氏を選んでしまい、後で「イメージと違う…」なんてことに。彼のちょっとした弱さや欠点に、すぐに気持ちが冷めてしまいます。

また、このタイプは、「恋愛とはこうあるべき」「彼氏ならこうするもの」という他人の恋愛観にも影響されがち。人がどう思うかではなく、自分の本当の気持ちがどうなのかを、じっくり見つめ直してみましょう。

付き合ってもすぐ別れてしまう、というのを繰り返していると、一見出会いが多くモテているようでも、男性からは「だらしない女」というイメージで見られてしまうことも。「彼氏ができてもいつも長続きしない」という人は、当てはまるところがないか、チェックしてみては?
(リリーQ)

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…