ジューンブライドが人気の理由は?

新郎新婦が結婚式の日程を決めるとき、圧倒的に多いのが6月のジューンブライドです。

日本では6月というと梅雨の時期なので雨が心配ですね! しかし、ジューンブライドは根強い人気なのです。そのジューンブライドが人気の理由をリサーチします。

ジューンブライドとは?

ジューンブライドの由来♡

人気のジューンブライドですが、そもそもどのような由来があるのでしょうか?

いろいろな説がありますが、一般的にヨーロッパでは6月が一番気候がいいのです。

「6月の花嫁」は幸せになれるという言い伝えや、ギリシャ神話でユーノの女神さまに守られて、幸せな結婚生活になると言われています。

6月はイベントが盛りだくさん!

ジューンブライドの6月は、実は記念日が多いのでおすすめ。

まず6月第一日曜日は「プロポーズの日」・6月12日は「カップルの日」・第三日曜日は父の日ですよね!

このようなイベントをサプライズとしてコラボ演出するのも人気があります。一生に一度の結婚式なのでアイディア次第で最高の結婚式になるでしょう。ジューンブライドが人気の理由は?

入籍をジューンブライドにする人も多い♡

日本では6月は雨が多いので、披露宴は7月にして、入籍だけを6月に済ませるパターンも多いです。

ジューンブライドは結婚式場もいっぱいになる可能性が高いので、どうしてもジューンブライドにこだわりたい人には入籍がおすすめですね。

海外挙式も人気♡

日本のジューンブライドは雨が心配なので、6月に海外挙式を挙げる人もいます。

ヨーロッパはベストシーズン、ハワイやフィジーなどのリゾート地も人気です。挙式の後は新婚旅行も兼ねることができるので一石二鳥。

家族や友人のみを招待して行う海外リゾート地でのジューンブライドも素敵ですね!

ジューンブライドのメリット

結婚式の価格がリーズナブル♡

日本の6月は梅雨時期なので、雨が降る確率が上がりますよね! そのため、春や秋のシーズンに比べると披露宴会場の金額がリーズナブルになります。

なので、ジューンブライドにこだわりつつ、お得に結婚式が挙げられます。ジューンブライドが人気の理由は?

雨が降る覚悟ができている!

何度も出てきますが6月の日本は梅雨シーズン! ということは、当然雨が降る確率が高くなりますよね。

もしかしたら結婚式当日、雨が降るかもしれないという心構えや覚悟ができています。雨の覚悟ができている中晴れたら、うれしさも倍増します! 

新婚旅行にベストシーズン♡

挙式を挙げた次は、新婚旅行ですよね! 新婚旅行に行くならジューンブライドの6月がベストシーズンです。

気候が寒すぎず暑すぎない点もおすすめ。夏休みや祝日が重なることも少ない6月は比較的旅行費用がリーズナブルで穴場のシーズンなのです。ジューンブライドが人気の理由は?

ジューンブライドのデメリット

ドレスが汚れやすい

どうしても雨になりやすいジューンブライドでは、ドレスが汚れてしまうという点があります。

下のほうが雨に濡れたり、飛びはねた水や泥がドレスについてしまったりするデメリットがあるので覚悟しておきましょう。

屋外のイベントが予定できない

結婚式を挙げようと考えるとき色々なイベントのパターンを選ぶことができます。例えば、挙式一つにしてもチャペルや神前式、人前式などがありますね。

神前であれば室内でできますが、チャペルであれば、退場時のフラワーシャワーやバルーンなどの演出が限られてしまいます。

また中庭のガーデンで人前式やパーティ形式の披露宴は、雨の時は絶対にできません。そのため、披露宴会場内で行うイベントに限られてしまいます。

ゲストの服装や髪形の問題

ゲストは着物を着る人もいるでしょう。しかしながら雨の日の着物は、傘をさしても濡れてしまうため避けたほうがいいでしょう。

また、髪形もせっかくセットをしていても、雨の湿気や風などで台無しになることもあります。しっかり想定しておきましょう。ジューンブライドが人気の理由は?

まとめ

日本のことわざに「雨降って地固まる」がありますね。

ジューンブライドは花嫁が幸せになれるという言い伝えを信じて縁起をかついでいる人も多いです。

二人が幸せな結婚生活を送れるよう、ジューンブライドはおすすめですよ!

KKYOKOの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…