いつもより感じる? ラブホセックスで女性が悦びを感じやすいワケ

ラブホテル未経験という女性は意外と多いようで、その理由はセックスするためにわざわざ行くのはちょっとね……と、抵抗がある様子。お金もそれなりに掛かりますからね、その辺の気持ちは分かります。

しかし、実際にラブホテルに行ってみると、「想像以上に良かった!」と、ラブホセックスの良さを実感している女性は多いのだとか。理由はどうやら「いつも以上に感じる」ことに秘密があるようで、ほとんどの女性が同じ感想を抱いています。

今回は、その“感じる”ワケについてご紹介。

エッチなムードが高まりやすい

女性がセックスで感じるために必要なのは、エッチな雰囲気です。その空気感に包まれることで、性のスイッチが入り感度が高まっていくのです。

自分からはなかなかエッチな気分になれなかったり、彼とのセックスはもうムードもへったくれもない。そうなってくると気持ちが入らないので、本気で感じるセックスというより作業感が強めの行為に。

しかし、ラブホテルというのはセックスをするための施設。そこに行くということは、“セックスをしにいく”という目的なので自然とエッチなムードになりやすいんです。

最近のラブホテルは外観もそうですが内装や設備も充実しており、一歩入れば別世界。非日常なシチュエーションがそこにはあり、ジャグジーや露天風呂、カラオケや豪華な食事、ちょっとした旅行気分も味わえます。これだけでも女性は楽しめると思いますね。
いつもより感じる? ラブホセックスで女性が悦びを感じやすいワケ

潮吹きしても大丈夫だから

オーガズムを感じたり、彼からの激しい攻めによって尿意を感じることがありませんか? それはおそらく“潮吹き”の予兆。我慢しないと漏れそうな尿意に、セックスに集中できなかった……という経験はないでしょうか。

自宅のベッドや布団に漏らしてしまうと後片付けが大変ですから、我慢するのに必死になってしまい、感じるセックスというより“我慢”するセックスになってしまいます。

ですが、ラブホテルのベッドは多少汚れても問題ありません。そういう施設ですからその辺込みの料金設定になっているんです。ですので気持ちよさに身を任せて、思い切り潮吹きしても大丈夫。その解放感を味わえるのはラブホテルならではのこと。
いつもより感じる? ラブホセックスで女性が悦びを感じやすいワケ

大きな喘ぎ声を出しても平気

彼のアパートや実家だと、家族や近隣の人たちに気を使ってセックスをすると思います。

セックスから出る音もそうですが、女性の『声』はさらに問題です。もともと声のトーンが高いので、喘ぎ声を出せばそこらじゅうに響いてしまいます。それが気になってくると、喘ぎ声を我慢してのセックスになるので、本来感じる気持ちよさがダウン。女性は喘ぎ声を出すことで、自分の快感を高めることができますからね。

その点ラブホテルは防音も完璧、外部に自分の声が漏れる心配はありません。どんなに大きな喘ぎ声を出してもへっちゃらです。感じるままのセックスにいつもより濡れる量も桁違い。これまでイッたことがないという女性でも、ラブホセックスで初めてイッた! という人もいるほどですよ。
いつもより感じる? ラブホセックスで女性が悦びを感じやすいワケ

最後に

『ラブホテル』というシチュエーションは、女性が最高に感じるための要素が詰まっています。一度も行ったことがない女性は、機会があれば試してみてください。そのときは、内装や設備にもこだわっているところを選んでくださいね。

松嶋とるての他の記事を読む


この記事どうだった?

9いいね!

0うーん…