ガチ快感! 男が悶絶不可避の超絶テクニック【リップ編】

あなたは彼を「うッ! うあッ! あ゙ぁーッ!」のような、快感の坩堝に堕としたことがありますか?

男性はセックスが大好き。だけど彼女からの“奉仕”はもっと大好きです。男性の恋愛感情の浮き沈みは、女性とのセックスに絡んでいる部分もあります。

あなたとのセックスが「うひょ〜! 最高〜!」となれば、彼はあなたの元を離れられなくなる……かもしれません。やりすぎも禁物ですが、ときには“ご褒美”として超絶快感で彼の心を握っておくのがデキるオンナです。

冷静さを自負している私ですが、深夜なので少しテンションが高くなっています(笑)

アソコの先端は超快感地帯

男性のアソコはタマタマを含めてすべて「性器」ですが、そのすべてが同じように感じるわけではありません。

場所によって感度が違うのです。はい……ご存知の通り彼らの快感でいう弱点は「亀頭」です。そしてさらにヤバイとされてるスポットが先端部分の“穴”、つまり「尿道」

アソコの表面は、日々のセックスやオナニー、パンツの摩擦によって鍛えられているので、生半可はテクニックは通用しません。舌で舐めても「うん、気持ちいいよ」と冷静さを保てるくらい余裕があります。

しかし、“穴の内側”になると彼の顔から冷静さが失われます。「え? 待って……ソコは……マズいッ……ッッ……!!」穴の奥深くまで舌先を入れると激痛を感じることもあるのでNGですが、“穴に舌をひっかける”ように舐めるとかなりの快感に襲われるようです。

それはもう気持ちよすぎて声も出せないくらいに……。ガチ快感! 男が悶絶不可避の超絶テクニック【リップ編】

裏スジは超人気スポット

一番ヤバイのを最初に紹介してしまったので、若干小並感が否めませんが、それでも舐められたい場所1、2位を争うほど攻められるのが大好きな場所、それが「裏スジ」

裏スジは、ほかの箇所に比べると皮膚が薄くなっているので、日頃から鍛えることが難しいとされています。スジ道に沿って舌先でチロチロ舐められると、なんともいえない快感が。

舐めるだけではなく、唇で吸い込んだり、咥えた状態で裏スジを舌で左右にグリングリン。あまりの気持ちよさに、「あ゙あ゙……それ……ヤバイ」と、お褒めの言葉を頂けるはずです。ガチ快感! 男が悶絶不可避の超絶テクニック【リップ編】

ツバ垂らしからの〜……亀頭集中 高速手コキ&裏スジ攻め

風俗ではお馴染みのテクニック。ツバをたっぷり垂らした状態での手コキは滑りもよくて男性は大好き。

ただ、普通にシゴイても男性の快感や射精感をそれほど高めることはできません。長時間続ければ射精はしますが、悶絶とはちょっと違う。

おそらくほとんどの女性はアソコを握るときに「竿」の部分を握っているかと思います。それは間違いではないですが、彼を悶絶させるにはちょっと弱い、というお話。

たっぷり濡らしたアソコを、竿ではなく亀頭を包み込むように握り、高速ピストン。ただでさえ敏感な部分を激しくコスられると、それだけで悶絶「……ウウッ……!?」……しないにせよ、かなり快感を感じてくれるはずです。

合わせてやっておきたいのが、手コキと同時に裏スジも攻めること。親指が当たるようにシゴクだけで、「ッッ! あ゙あ゙ッッ!」と悶絶してくれます。ガチ快感! 男が悶絶不可避の超絶テクニック【リップ編】

さいごに

エロテクに詳しい女性であれば「うんうん」と頷いてくれるのではないでしょうか。やりすぎると彼はクセになりやすいので、求めてきても焦らすことが時には必要です。

まだまだ紹介したいことはありますが、今回はこれで。

松嶋とるての他の記事を読む


この記事どうだった?

12いいね!

0うーん…