セックスがきっかけで“友達から恋人”に発展したケースを教えて!

恋愛対象と見ていなかった男友達が、いつの間にか異性として意識してしまうことってあると思います。

こういうパターンはよくある話ですが、では友達として付き合ってる男性と、セックスがきっかけで恋人同士になったことはありますか?

現在、男友達とセックスしちゃって今気まずい状況! という女性に『セックスがきっかけで、“友達から恋人”に発展したケース』をご紹介していきます!

セックスがきっかけで恋人発展は“アリ”と答える女性は多い

『恋学アンケート』にて【Q.セックスがきっかけで、友達から恋人に発展したことある?】というアンケートを実施したところ、このような結果となりました。セックスがきっかけで“友達から恋人”に発展したケースを教えて!
■ある 5人
■ない 5人
■経験はないけど、あり 5人
■経験はないけど、なし 3人

投票者合計は18人と少なかったですが、リアルな女子の意見を知ることができました。

友達から恋人になることに前向きな意見は10人(あり5人・経験はないけど、あり5人)ということで、男友達だとしても、きっかけがあれば“異性”として見ることは全然できるみたいですね。

しかし、男友達とセックスするって一体どんな状況なんでしょうか?  次はそのきっかけについてご紹介していきます。

友達だけどセックスしちゃった状況

ふたりで遊ぶことが多くなった/一緒に居て楽しい

「友達としか見ていなかったんですけど、いつの間にか一緒に居るのが自然体になっていて、付き合うとかそういう話しは一切ナシで、セックス関係になっていました。

でも、そのあとちゃんと彼のほうから『正式に付き合おう』と言ってくれたので、晴れて恋人同士になりました」(23歳/OL)

 

自分と似たような価値観や、同じ趣味を持つ男性とは恋人にもなりやすいですが、お互い良き友人として付き合うことが普通で、異性として認識しないこともあります。

しかし、ふたりで遊ぶことが多くなってくると「交際する」という順番を飛ばして親密な関係になることがあるようですね……。セックスがきっかけで“友達から恋人”に発展したケースを教えて!

 

恋愛相談をしていくうちに…

「よく自分の恋愛相談をしていたんですけど、あるとき私が泣いてしまったことがあって、そのとき彼が私を強く抱きしめてくれたんです。それが凄く心地良くて、そのままセックスして恋人関係になりました」(21歳/派遣)

 

男性は女性からの恋愛相談を受けていると、「この人を守ってあげたい」という気持ちになりやすいそうで、悩みを聞くうちに……なんてことがあるようです。

飲み会

「いつも以上に飲みが盛り上がっていて、友達が冗談で『俺はお前を3秒でイかせる自信がある』なんて言うもんだから『じゃー、試してもらおうか』って感じで、勢いでホテルに行ってしまいました……。

向こうは付き合う気あったみたいですけど、丁重にお断りしましたね。その後はお互いにちょっと気まずい関係が続いています」(20歳/学生)

 

お酒が入ると正常な判断ができなくなり、男友達と勢いに任せてそのままホテルに……というのはよくあるパターンではないでしょうか。

酔いが冷めたあとの“あちゃ〜感”は、なんとも言えません。セックスがきっかけで“友達から恋人”に発展したケースを教えて!

セックスがきっけで恋人になることのメリット・デメリット

メリット:友達と恋人になると交際が順調に運ぶ

メリットとしては、もともと仲の良い男友達であれば、恋人になったことで友達の頃より楽しく過ごせるということ。あまり気を使わないでいいし、なにより自然体で振る舞うことができます。

趣味や価値観が似たような友達だった場合には、交際後も意気投合、楽しい日々を過ごせるのではないでしょうか。

デメリット:う〜ん…やっぱり“違うな感”がでてくる

もともと異性として見ていなかったふたりなので、友達から恋人になったことで“違和感”を感じてしまうことがあります。

その違和感の正体とは『好き』という感情があまり“ない”ということ。

セックスしたから相手を好きになることもありますが、勢いや流れでセックスしてしまい、その後の罪悪感から交際してしまうと、相手のことを本気で好きになるのには時間も必要です。

結局、好きじゃないまま交際を続けるのも失礼な気がしてくるので、「やっぱり友達のままでいよう」となることもあると思いますよ。セックスがきっかけで“友達から恋人”に発展したケースを教えて!

さいごに

友達としか見ていない男性でも、距離が近くなるきっかけがあればセックスに進展することがあります。

しかし、後先のことを考えずにしてしまうと、あとで後悔することもあるので、今後そういうきっかけがあったときには少し冷静になって考えたほうがいいかもしれませんね。

松嶋とるての他の記事を読む


この記事どうだった?

3いいね!

3うーん…