モテそうでモテない人・モテなさそうでモテる人

「モテそうなのにね!」と言われるけど、モテないどころかなかなか恋人ができない人は、なぜか年々増える傾向にあります。

モテそうでモテない人・モテなさそうでモテる人

モテそうな人:容姿がいい・人当たりがいい。

容姿が良くて人当たりがいいのにモテない原因は何なのか?

本人の理由:恋に落ちづらい・好意を示してくれる人に興味が湧く人がいない。

このタイプの人、総じて「理想が高いわけではない」と言うけれど、決して理想が低くはありません。自分の容姿がある程度の水準より上である事を知ってしまっているので、相手のスペックを下げられません。

または、スペックで選ばない人は、愛され方の妥協ができなかったりします。なので、必然的に恋に落ちづらく、好意を示されたからと言って、相手が「理想」に近くない限りは恋に落ちる可能性が低いのです。

逆に、特にモテそうではないけれどモテて恋人が常にいる人にも共通点があります。それは「恋しやすい・惚れやすい」です。

本人の容姿やスペックは関係なく、恋しやすい人は恋人ができやすい傾向にあります。また、結婚願望が強い人はバツイチでもバツニでも、また結婚する傾向にあります。

モテそうでモテない人も、恋愛願望があれば結婚願望がある人も沢山います。ですが、頑張りたい仕事があったり趣味があったり、そこまで恋愛に対する願望は強くないのかもしれません。そうでなければ、妥協ができていないはず。

モテそうな人は、容姿が優れていたり、異性と多く接する環境にある人が多く、「異性に慣れてそう」「遊び慣れてそう」「理想が高い」などという印象を持たれてしまうことも。

こう言う人が、ただ「全然モテないよ~」と言っても「またまたー」と返され信憑性がなく、流されてしまいます。では、どうしたらいいか?

「実は慣れてないから、異性と話すと緊張してる!」「慣れてると思われて恋愛対象になれない事が多くて…」など、よりリアルに伝えましょう。実際に、慣れてると思われて恋愛として口説かれる事が少ないのも事実。

理想が高いと思われてしまう場合、実際に理想が高いのに、「カッコイイ人って、実は苦手で」など、理想と違うことを伝えても実際の現実よりも高い理想は変わらず、これでは恋愛が遠いままになってしまいます。自分にとっての「恋愛の価値」がどこにあるのか、今一度紙に書き出してみましょう。

外見/経済力/どれだけ愛してくれてるか/信頼できるか/思い遣り/居心地の良さ/苦楽を共にできる安心感…。

書き出してみると、本当に必要な部分がどれなのかが見えてきます。見えたところで外せない条件はあると思いますが、許容範囲は少しづつ広げていきましょう。

モテそうでモテない人は、興味がない人に好意を持たれても、やはり興味は持てない…。自分にある程度自信がある人も多いので自分からアプローチできる人も少なくありません。

ですが、理想が高いため簡単には落とせません。また、振られたくない、振られて傷つきたくない、または長時間かけて粘るほどの恋には落ちてないなどの理由で、簡単に進まないとあっさり諦めてしまう傾向にあります。

あまり興味がない人に時間を掛けて口説かれて、「しつこい」と思うこともあるけれど、「本当に好きって思ってくれてる」という確信にもなりますよね。

最終的に成熟しなかったとしても、そこまでのプロセスもドキドキして楽しいから、それを楽しむくらいの気持ちで、恋するリハビリをしてみて下さい。
(アンドウミカ)

この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…