春に心機一転しよう! 恋愛の抱負を達成する方法

元旦に今年の抱負を考える人は多いのではないでしょうか。では、その抱負は実現に向かって順調に進んでいますか? と聞かれると「うーん」と、うなってしまう人が多いのでは? そこで今回は、抱負を実現するための具体的な方法をまとめてみました。

「願う」だけじゃない! 抱負の本当の意味とは?

抱負という言葉の意味は、自分がこうしたい・なりたいと思うことを達成するために、前もってその方法を考えることです。

しかし今年の抱負を考えようとする時、多くの人が「ダイエットを成功させる」とか「自分を変える」など、ただの願望を述べただけという抱負を考えてしまいます。

そして、新年に意気込んで掲げた抱負は、数週間後にはすっかり頭から抜けてしまいます。覚えていたとしても、「ダイエットは明日から」と言ってスイーツを食べている人は多いのではないでしょうか。

なぜ? いつも目標を達成できない理由とは

「毎年抱負を考えるけど目標を達成した試しがない」という人は結構多いのではないでしょうか。では、なぜ目標を達成することができないのか、その原因を考えたことがありますか?

目標を達成できない原因は、あなたが考えたその抱負そのものにあります。

「今年の抱負は?」と聞かれて、「自分磨きをする」「きれいになる」というような、自分の願望を述べていないでしょうか。願望を述べただけで行動が伴わなければ、目標を達成することはできません。

春に心機一転しよう! 恋愛の抱負を達成する方法

確実に目標を達成する方法とは

目標は具体的に

たとえば「今年はダイエットを成功させる」という抱負を立てたとします。しかし、見てわかるように何キロ痩せたいのか、いつまでに達成したいのかが明確でないので、この人にとって「どうなったらダイエットが成功したことになるのか」がわかりません。

これでは、目標とする自分の姿が想像できないですよね。ゴールがわからないままマラソンをすることを想像してみてください。ほとんどの人が途中で脱落するでしょう。

目標は、できるだけ具体的にするのがポイントです。今年の抱負がダイエットなら、「6月までに3キロ痩せる」という感じです。

まずは小さな目標設定を

目標が決まったら、まずはゴールに至るまでの道のりを想像してみましょう。マラソンでは、ゴールにたどり着くまでに、最初に〇〇地点、次に△△地点など途中でいくつもの通過点があります。

目標達成の道のりもこれと同じで、いくつもの小さな目標を達成しながらゴールまで進んでいくことになります。ですので、「6か月で3キロ痩せたい」という抱負であれば、1か月に0.5キロ痩せる、あるいは2か月で1キロ痩せるという風にまずは小さな目標を作りましょう。

春に心機一転しよう! 恋愛の抱負を達成する方法

やるべきことを紙に書き出してみる

抱負を達成するための小さな目標が決まったら、次に考えるのは「どうやってそれを達成するか」という手段です。ダイエットで考えると、1キロ減らすためには、その分の摂取カロリーを減らすか、運動で消費カロリーを増やすしかないわけです。

まず自分の基礎代謝量はどのくらいか、普段の運動量で消費するカロリーはどのくらいか、食事でどれだけのカロリーを摂取しているのかという計算が必要になりますね。そこから、どれだけ食事を減らせばいいのか、どんな運動をしたらいいのかを導き出すことができます。

それらをすべて頭の中で考えるのは結構大変な作業なので、とりあえずすべて紙に書き出してみることをおすすめします。そして手帳かスマホのカレンダーにそれぞれの目標を書き込んでおきましょう。

あとは行動するだけ!

どれだけ詳細な目標を立てたとしても、実際に行動しなければ抱負を達成することはできません。ここで行動に移せないようなら、計画に何か問題があるか、その抱負は今のあなたが本当に達成したいものではないのかもしれません。

春に心機一転しよう! 恋愛の抱負を達成する方法

途中で軌道修正することも大切

計画通りに行動しているつもりでも、少しずつずれが生じる場合もあります。一定期間ごとに今までの行動を振り返って結果と照らし合わせてみましょう。そこでずれが生じている場合は、軌道修正を行います。

目標を達成する道のりというのは、トライ&エラーを繰り返すのが普通です。ちょっと軌道修正すれば上手くいくのに、少し上手くいかないことがあるとあきらめてしまうのはもったいないことです。

きちんと計画を立てて今年こそ抱負を達成!

目標を達成するためには、具体的な計画が必要不可欠です。「いつも新年の抱負が達成できない」という人は、まず小さな目標を立ててそれを達成するための計画を立てましょう。

途中で少しくらい失敗しても大丈夫。諦めずに軌道修正しながら続ければ、必ず目標は達成できます。

EMILYの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…