7通目:ポリアモリーに私もなれますか?(たかだまなみ→きのコ)

お世話になっております、株式会社たかだまなみです。皆さんはポリアモリーという言葉をご存知ですか? 複数の人と同時に、各人がその関係に合意して男女関係を築くことです。お互いが合意しているので浮気ではない。「ちょっと、なにそれ!」と思っちゃいますよね。今回はライフスタイルとしてポリアモリーを選んでいるきのコさんに、突っ込んだ話をしていきます!

 

前回記事はこちら↓↓
6通目:女性による傷つき露出が#MeTooムーブメントを後退させている?(たかだまなみ→きのコ)

正直、羨ましいし妬ましい!

いつもきのコさんに会うと、A君とのデートで悩んでる、B君が最近つれなくて……とソワソワしていて、あぁ恋してるなと羨ましく思う私。私自身は普通の人が選ぶことのない犯罪性の高いダメ男をチョイスするので(ライバルもおらず)好きになった男性はほぼ確実にゲットしてきました。だから「妬ましいぜきのコ!」と2chに書き込んだりせずに済むのですが、普通の人からすると「???」と感じられるかもしれません。

「一人の彼氏ですら作るのに苦労してんのに、そちらは一体何人と恋愛してんの、あぁん?」テレビに出演したり、原稿があがる度にそんなやっかみに遭っていますね。ご苦労様です。でもそんな地獄の底からの阿鼻叫喚も折り込み済み。自分との対話を続け、恋人、さらには恋人から続くその先の人たちの関係まで、まるっと愛している。そんなスタイルで恋愛するきのコさんは、博愛の女神にも見えます。

女の子はプリンセス。いつかたった一人の運命の王子様に出会う……。小さいうちに刷り込まれた私たちの幻想を、いとも簡単に破壊してくれるきのコさん。そう、きのコさんは破壊神でもあったのです。結婚制度や現在の恋愛観は、不動のものという訳でもない。「君の幸せがボクの幸せだよ」「うん、じゃああなたとは違う人との恋愛も認めてね! にこっ!」……常識や固定概念を、私も大いに疑うようになりました。

7通目:ポリアモリーに私もなれますか?(たかだまなみ→きのコ)

ところで、私もポリアモリーになれますか?

さてそんなきのコさんへの質問コーナー、まずはコチラ!「そんなあなたが羨ましいので、私もポリアモリーになりたいです」と私が言ったらどう答えますか? 彼氏がたくさんいたら、今の生活とは全然違うものになりそう……! 愛し愛されることを重要視しているなら、他の人にもオススメ! と言える生き方でしょうか。教えてください。

彼氏の作り方や、関係の続け方など、お悩みを常々聞かせてもらっている立場からすると、常にパートナーが複数いるきのコさんの恋愛の始め方は、皆さん気になると思います。彼氏に他の女性がいて、嫉妬しないの? とも思うでしょう。「彼氏が他の人とセックスしてもニコニコしていられるなら、映画もドラマも成り立たんよ! セックスはしないで、お友達を作ることで満足はできないのかね?」……おじさんが言いそうな事も代弁しておきました。その辺りも聞かせてください。

7通目:ポリアモリーに私もなれますか?(たかだまなみ→きのコ)

私の愛は条件付きです

とはいえ私は夫が誰かを好きになったら悲しい、普通サイズの器しか持ち合わせていません。夫が誰かを好きになったら「私だけを見て!」と幼児退行するかもしれません。でも私は都合がよく、弱いので、結婚しても誰かを好きになってしまうかもしれません。

(彼を愛してはいるけど、私以外を愛する彼は嫌。私の愛は条件付き?でも私が他の人を好きになっても許して欲しい。私って勝手だなぁ……)そんな不安に怯えているから、恋する気持ちは魔物で、自分ではコントロールできない。だからこそ今日お互いが愛しあえているのは奇跡。明日のことは私にもわからない。永遠を誓うためのプラチナリングはいらないから、今夜のご飯を美味しく食べよう、と考えています。私って諦めのひどい嫁ですね。恋とか忘れちゃいました!

7通目:ポリアモリーに私もなれますか?(たかだまなみ→きのコ)

私の20代最大の後悔は、3人のレズビアンの方からパートナーになろうとお誘いいただいたのに、尻の青い若造だったためにお断りしてしまったこと。勿体無かった、今ならぜひ! それは愛って異性間だけのものではないし、同世代間だけのものではないし、常識に縛られるものではないし、ましては他人からどうのこうの言われるものではないと感じる出来事を経験したからです。本当に愛って何なのでしょう。恋って何なのでしょう。複雑な社会にいる私たちが、性や生を楽しめる方法を考えていきたいですね。

 

(あなたはどっち派!?恋学アンケート実施中!!)
(1)同時に複数の人を好きになったことはありますか?

きのコ&(株)たかだまなみの他の記事を読む


この記事どうだった?

6いいね!

0うーん…