結婚できない理由は3つ!? できない原因にみる効果的な婚活法

ただ一言に「結婚できない」といっても、それには理由があります。そのできない理由が明らかになれば、どうしたら「できる」ようになるかが分かってきます。今回は「結婚できない」に悩みにフォーカスして、そのパターンを解明していきましょう。

1.知識がないから「結婚」できない

「どうやって異性と接していいかわからない。」「好きな人ができたら、一体どうすればいいの?」このように恋愛に関する知識がないから、結婚できないパターンがあります。

どうしたらいいのか知らない状態で、がむしゃらに頑張ろうとする人は意外と多いようです。しかし、知識不足のために、異性とうまく交流することができず、結婚が進みません。そんな人は、まず恋学などインターネットにある恋愛コラムを読み、知識を得ることから始めてみましょう。

2.経験が少ないから「結婚」できない

「異性とうまく接するためのコツを知っている。」「恋愛ハウツーはよく読んでいるほうだ。」それなのに婚活がうまく進まない人が陥っているのは、経験不足から起こる結婚できないパターンです。

やり方はわかっていても、いざ実践しようしても初めからうまくできる人は少ないものです。この場合は、街コンでたくさんの異性と接する機会を増やすなどして、恋愛の経験値で高めていくことが必要になります。

3.嫌な経験があるから「結婚」できない

「どうやって異性と接するべきか知っている。」「複数の男性とも交流がある。」でも、結婚できない。知識も経験もあるけど、結婚できない人もいます。このような人が陥っているのは、元カレとの思い出を引きずっているなど過去の嫌な経験が、新しい恋から遠ざけてしまうというパターンです。

その痛みが深ければ、プロの心理カウンセラーに話をしてみるという手もあります。しかし、自分だけでも解決できそうなのであれば、恋に対する気持ちを入れ替えて臨んでいくことが大切です。

おわりに

「結婚できない」といっても、さまざまな理由があります。自分ともう一度向き合い、どのパターンでひっかかっているのか原因を探ってみましょう。そこがわかれば正しい方法で答えを導き出すことができるものですよ。


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…