男女共に嫌われがちな勘違い女性の特徴4つ

ひとりひとり個性を持つことはとても大切ですが、それが「個性」ではなく、「変わった人」「勘違いしている人」と思われてしまうケースもあります。周りが見えなくなってしまわないように、一度自分を見直してみる時間も必要かもしれません。

男女共に嫌われがちな勘違い女性の特徴4つ
今回は、同性からも異性からも距離を置かれる傾向にある、勘違い女子の特徴をピックアップしてみました。

■1.露出度の高い服・TPOをわきまえていない服
TPOを意識していない服装や、これ見よがしな露出の多い服は、女性からは批判的な目で見られてしまいます。男性は下心を持って接してくるので、本人がそういうつもりがなかったとしても、周りからは「仕方ない」と思われてしまうでしょう。年齢や場の雰囲気などに合わせて、服装を選択できる、素敵な女性になりたいですね。

■2.天候が冴えないときのサングラス着用
オシャレアイテムの1つになっているサングラス。まだまだ日差しの強い日もありますが、曇りの日などの天候が冴えないときにサングラスを付けていると「え?」と思われてしまいます。

また、室内でもサングラスを着用している人は、「ナルシストなの?」「見られたくないの?」と思われている可能性も。スッピンのときなどに活用しがちなアイテムですが、人と会うときにはメイクはキチンとしておいた方が良いでしょう。

■3.人のことを批判する
自分に甘く他人に厳しいタイプは、周りから嫌われやすいと言えます。人の服装や容姿、ルックスなど、何かにつけて批判的な言動を取る女性は、気分の良いものではありません。

自分が言っていることは、そっくりそのまま返っているということを忘れずに。人の悪いところではなく、良いところを見つける努力をすることで、自分の人間性を高めることに繋がりますよ。

■4.飲食チェーン店を嫌う
どこで食事をするか、友達と相談しているとき、「私、チェーン店って苦手なんだよね」「ファミレスとか柄じゃないし」と、反感を買いそうな言い方をする人は、男女ともに嫌われるタイプ。

いくらお金を持っていても、協調性のない言動はNG。自己主張のできる人は素敵な人ですが、これだと主張の仕方が違っていますよね。例え苦手だとしても、自分本位な態度を取ってしまわないように気を付けておきましょう。

いかがでしたか? 世界は自分中心に回っていると思っているタイプは、周りから「苦手な人」と思われています。自分の言動を他人に置き換えてみると、どういった人が嫌われるのかが分かりやすくなると思いますよ。
(RUREI)

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…