男が思わず「ヤリたい」と思ってしまう女性の特徴とは?

女性のみなさんは、恋人でもない男性に対して「あ〜、この人ガッチリしてていいな〜」「この細い手、絶対にセックスが上手い人だ」などと、少しセックスを意識したエロい目で見てしまうことがあると思います。私はあります。(ちなみに鎖骨を見るとグッときます)

さて、女性が男性の魅力に惹かれて「エッチしてみたい」と思うように、男性も同じく女性のどこかに惹かれて「あ〜、この子とヤリたいな〜」となるのは当然のことです。

男性は性に貪欲で誰でも抱けるんでしょ? みたいな風潮もありますが、決してそんなことはありません。今回は、男が思わず「ヤリたい」と思う女性の特徴についてご紹介していきます。

細身よりムッチリに性的魅力を感じやすい

女性と男性では『美』への基準が少し違います。例えば、女性はスリムで極細のウエストが魅力溢れるボディだと思い、そこを目指そうとダイエットや運動をしてなんとか手に入れようとしますよね。

もちろんそれは“美しい”ことには間違いないですが、日本人男性の多くはガリガリや細身よりも、少々ふくよかなぽっちゃりボディの女性に性的魅力を感じていたりします。

芸能人でいえば、笑顔とぽっちゃりが特徴の女子アナ「水ト麻美(みうらあさみ)さん」、女芸人でいえば「ブルゾンちえみさん」も世の男性が「ヤリたい」と思わずツバを飲んでしまうほど魅力的なボディに見えるのだそうです。

例に出して申し訳ないですが、ブルゾンちえみさんのボディを「羨ましい!」と思いますか? 見方によってはエロスを感じさせる顔(メイク)をしていますが、あなたはブルゾンちえみさんの体形を目指そうと思いませんよね。(本当に申し訳ありません)

でも、世の男性は恋愛うんぬんではなく、ブルゾンちえみさんを“ヤリたい女”として認識しているということです。男が思わず「ヤリたい」と思ってしまう女性の特徴とは?

D〜Fカップは黄金ライン

女性であれば、誰でもふくよかな胸に憧れ抱くものです。その背景にはやはり“巨乳好き”の男性が多いからなのか、胸のサイズは女性のステータスでもあります。

しかし、デカければ男性は「ヤリたい」と思うのか? といわれると案外そういうわけでもありません。

男性から支持される胸の大きさはD〜Fカップ、通称『黄金ライン』と呼ばれていて、このくらいのサイズがいちばん魅力的に感じるのだそうです。

このくらいのサイズになると、胸元をバッチリ隠した恰好であっても膨れ上がる胸のラインが“溢れ出る色気を隠しきれていない感”が満載なので、それが男性にとってみればたまらないのです。

それ以上の大きさになってくると「うわ……スゲェ……」というヤリたいという気持ちもあるでしょうが、感動とか圧倒とか別の感情も湧いてくるみたいですね。男が思わず「ヤリたい」と思ってしまう女性の特徴とは?

最初の印象で決まる、男性の“ヤリたい女”と“ヤリたくない女”の基準

男性が思わず「ヤリたい」と思ってしまう女性の多くは、『女性の武器』を活かしている場合が多いですね。

例えば、メイクや服装、女性として最低限の身だしなみができている時点で、男性の目には“オンナ”を感じさせる異性として映ります。

反対に「絶対にヤリたくない」と思わせてしまう女性の多くは、『女性の武器』を活かしきることができなくて、どこか物足りない、魅力のないオンナに見えてしまいます。

実際に付き合ってみないと女性の本質はわからないですが、最初の印象で抱くのはこの『女性の武器』を使えているかどうかで、ヤリたい・ヤリたくないが決まり、さらにいうと恋愛に発展するきっかけにも大きく影響しています。男が思わず「ヤリたい」と思ってしまう女性の特徴とは?

さいごに “ヤリたい”は作れる!

結局のところ女性が自分を活かせるのは『女性の武器』の重要性に気がついているかいないかの違いです。あなたの武器はなんですか? それに気がついたときがいいオンナを作る時です。

ムチムチボディでも、魅せ方を考えれば女性の武器にすることができますから、スリムなボディを目指す前に自分のカラダを活かす努力をしてみるべきです。

ヤリたい・ヤリたくないを例に使ってみましたが、女性と男性の恋愛へのきっかけは本質的なことをいえば、“ヤリたい・ヤリたくない”を基準に異性を品定めしているところは確実にあります。

「可愛い」や「美人」を目指すのに加えて、“ヤリたい女”も目指してみてはいかがでしょうか?

松嶋とるての他の記事を読む


この記事どうだった?

5いいね!

12うーん…