バックセックスは好きですか? 苦手な女性も多いバックの魅力

セックス体位の定番でもあるバックセックス。男性の顔が見られない、体勢が恥ずかしいから苦手、という女性は案外多いみたいですね。

でも、バックセックスの魅力を知ってしまうと少し価値観が変わるかもしれません。

今回は、その魅力についてご紹介していきます。

女性の美ラインを強調できる“魅せるセックス”

男性のフェチにはさまざまなものがありますが、最近は胸よりもお尻派の人が増えているそうです。そして、そんなお尻好きの男性が愛する体位はもちろんバック。

女性が背中を出してお尻をグッと突き出す姿は、フェチな男性にとっては絶景。

女性のカラダは腰からお尻にかけてふくよかでなめらかなラインになっているので、フェチでない男性にとっても、オンナを感じさせる魅惑のボディラインであり、この光景が嫌いな男性はあまりいません。

バックは恥ずかしいから嫌ですか? でも、彼にもっと自分を見て欲しい、喜んでもらいたい! という思いがあるのであれば、バックセックスは視覚、感触を満足させるには最適な方法なんですよ。

突くたびに“ぷるん”と波打つお尻、手のひらで触れば胸とはまた違う感触に興奮してしまいます。バックは男性にとって眺めてもヨシ、触ってもヨシという女性のカラダを存分に堪能できる体位なんです。
バックセックスは好きですか? 苦手な女性も多いバック(後背位)の魅力

女性自らも腰を振れるので“気持ちいいトコロ”に当てることができる

バックセックスは男性が主体となってピストンをするもの。そういう認識がありませんか?

しかし、男性が女性の腰をしっかりと押さえ、固定した状態であればお互いの体勢が安定するので、男性だけではなく女性自らも腰を動かすことは可能なんです。

バックは難しいピストンリズムですが、男性と女性の呼吸が合えば動きをシンクロさせることができます。

男性の腰は、女性のお尻めがけて前に打ち付けるわけですが、このとき女性は後ろに腰を動かすわけです。

このタイミング、リズム、呼吸が揃うと、男性主体のバックでは味わえない快感と一体感が生まれ、なおかつ女性も腰の高さや角度をつけることで、自分の感じるポイントに当てることが可能です。

今日はトコトン激しいセックスを希望! というときには、バックセックス一択です。
バックセックスは好きですか? 苦手な女性も多いバック(後背位)の魅力

お尻のスパンキングが快感や悦びに変わる

M気質の女性ならまだしも、S気質の女性には向いていない! と思うかもしれませんが、決してそんなことはありませんよ。

そもそも、女性がバックを許せる、なおかつ快感を得られるのは、相手のことを信頼している心の本音でもあるので、バックで犯されている自分に悦びを感じていたりします。

女性は、潜在意識にオスに種付けされることに悦びを感じる遺伝子が入っているそうで、たとえS気質であろうと行為の最中はM、もしくはMよりのSになるのだそうです。

もちろん例外もあるでしょうが、セックスでMになる瞬間は、男性からの激しい攻めがたまらなく感じるので、お尻へのスパンキングも愛情や快感、男性に支配されるメスとしての悦びを感じてしまうのです。

ただ、この悦びを感じるのは相手の男性を心の底から愛している、という条件が必要で、単なる遊びや、それほど好きでもない男性には「イラッ」とくるのも事実です。

それともうひとつ、お尻をスパンキングされたいという願望があっても、それをどうやって彼に伝えるかという課題もあります。

「ねぇ、お尻を叩きながらシて?」というのもちょっとアレですよね……。まぁ、私の経験上バックで悦んでいる様を見せると、調子に乗ってお尻を叩いてくる男性は案外多かったですけど。
バックセックスは好きですか? 苦手な女性も多いバック(後背位)の魅力

ガチで感じることができる

付き合いたてや、まだ初々しさの残るカップルであれば、自分が感じている表情を見られることが恥ずかしいものです。

しかし、バックという体勢は正常位のように対面することがないので、快感を表情に出しても見られる心配はありません。

ですから、行為の最中にあれこれ余計なことを考えないで済むので、彼の視線を気にせず目の前の快感に集中できるわけです。

女性がバックセックスを好む理由のひとつがこれですね。

さいごに

バックセックスを苦手に感じる女性は多いみたいですけど、やり方や考え方ひとつで良さが結構変わるんです。

このバックの魅力に少しでも共感できたら、彼とのセックスで是非試してもらいたいですね。

松嶋とるての他の記事を読む


この記事どうだった?

5いいね!

0うーん…