気持ちいいオナニーをするために必要なコト! 自分で感じるカラダ開発

女性のオナニーと聞くと、なにかと悪いイメージを抱きがちですけど、オナニーは性欲解消意外にも、ストレス解消や美肌作りにも効果が期待できるので、オンナを磨くためには必要な行為だったりします。

しかし、性欲解消や美肌効果を狙うにしても、脳が“気持ちいい”と感じてくれないことには期待した効果は発揮できません。

そこで今回は、気持ちいいオナニーをするために必要なコトをご紹介してきます。

オナニー前の必須条件

爪は事前に切っておくか、当たらないように注意すること

当然のことですが、爪先には菌が付着していたり、尖った爪で膣を傷つけてしまう恐れがありますから、事前に切っておきましょう。

ジェルネイルなどを付けていたり、爪を切ることができない場合には、膣を傷つけないように注意を払ってください。

気分が乗ってくると指先も軽快になるので“グサッ”といきがちですからね。

感染症を防ぐために手は清潔に

外出後や家事をしたあとなどは手に菌が付着しているので、そのままの状態でオナニーをしてしまうと細菌感染や膀胱炎を発症する可能性がありますから、必ず石鹸を使ってキレイにしておきましょう。

気持ちいいオナニーをするために必要なコト! 自分で感じるカラダ開発

一番大事なのは“エッチな気分”

これが一番重要ですね。というかエッチな気分にならないとそもそもオナニーをしたいという気持ちになりませんが、気持ちいいオナニーをするためには必須なコトです。

スマホでアダルト動画を視聴してみたり、同人誌などを見てエッチなスイッチを入れておきましょう。

下半身の力加減がコツ

気持ちいいオナニーというのは、最終目標は“イク”ことです。しかし、慣れていないとイクこと自体が難しいこともあります。「何度やってもイクことができない……」そんなときは、下半身の力加減を調節してみましょう。

クリトリスや膣のなかを自分の指で気持ち良く感じるように刺激しながら、下半身の力加減にも気を配ってみてください。

女性は下半身の筋肉が弱かったりするのでなかなか難しいかもしれませんが、両脚を揃えて真っ直ぐ“ピーン”と伸ばすと下半身に力を入れやすくなります。いわゆる「足ピンオナニー」というやつですね。

こうすることでイキやすくなるので、オナニー慣れしていない女性には最適な方法です。が、足ピンオナニーは癖になりやすく、これをしないとイクことができなくなった! というケースもあるので、理想としてはどんな体勢でもイクことができるようにカラダ開発をしておきたいものです。

気持ちいいオナニーをするために必要なコト! 自分で感じるカラダ開発

気持ちいいオナニーのメリット

オナニーでイクことができれば脳内から女性ホルモンが分泌され、性欲解消するだけではなく、ストレス解消、美肌効果、という女性にうれしい効果が期待できます。

毎日が忙しくてあまりリフレッシュすることができない、ストレス解消法がわからない、そんなときは手軽にできるオナニーが気分転換やストレスを発散させるのに最適な方法です。

ひとりでできるコトなのでパートナーに気を遣う必要もありませんし、自分の好きなときに思う存分楽しむことができます。

それと、オナニーでイクことができるようになれば、セックスで「中イキ」しやすくなるというメリットもありますからね。ちなみにですが、セックスの中イキは、オナニーの外イキの数倍ほど気持ちいいといわれているので、女性であれば一度は体感しておきたいものです。

気持ちいいオナニーをするために必要なコト! 自分で感じるカラダ開発

さいごに

オナニーはちょっと……と抵抗があるかと思いますが、自分の好きなときに性欲解消できるし、ストレス解消にはもってこいです。さらに気持ちいいオナニーをすると、女性ホルモンの働きが活発になるので美肌にも繋がっていきます。

オンナを磨くための行為だと思って、たまにはオナニーで息抜きしてみるのも悪くないと思いますよ。

松嶋とるての他の記事を読む


この記事どうだった?

6いいね!

3うーん…