キスマークをつけたがる男性の心理! それは彼女を独占したいという気持ちの表れ

あなたは男性からキスマークをつけられたことがありますか? 正直嬉しく感じるものの、誰かに見られたら恥ずかしいので少し迷惑にも感じる……という経験がある人も少なくないのではないでしょうか。

「なんでキスマークなんてつけたがるんだろう?」「私を愛してくれている証拠なのかな?」など、キスマークをつける男性の心理や意味って、気になりませんか?

今回は、キスマークをつけたがる男性の心理についてご紹介していきます。

キスマークに隠された心理

男性がキスマークをつけてくる心理には2種類あります。

1.独占欲
2.不安/嫉妬心

まず独占欲ですが、男性は彼女のことを“自分の女=物”という考え方をしてしまうので、それを表現するために女性の首や胸など、至る所にキスマークをつけたがります。

まぁ、これは大好きな彼につけられると女性も嬉しく思うのが本音ではないでしょうかね。しかし、場合によっては独占欲からくる不安や嫉妬心のせいでキスマークをつけてくる男性もいます。

自分に自信がなかったり、「いつか他に好きな男性ができて、自分の元を去っていくんじゃないだろうか?」という思いから、キスマークをつけてくることもあるので、二人の関係性によってはキスマークの意味も微妙に違ってきます。キスマークをつけたがる男性の心理! それは彼女を独占したいという気持ちの表れ

キスマークは自分の女だと証明するためのマーキング

キスマークは彼女を独占したいという男性心理からくるもので、それをつけてくるというのはあなたが『本命』であることを意味しています。

「自分のそばにずっと居てほしい」「自分だけを見ていてほしい」と、本気で好きだからこそキスマークをつけて、自分の気持ちを証明したいと思っていたりします。

首元にはっきり見えるくらいキスマークがついていると、誰の目からも彼氏持ちというのがわかるので、あなたが魅力溢れる女性だとしても、近づこうとする男性はあまりいませんよね。

キスマークは「彼女は俺の物だから横取りするな!」的なマーキングの役割も果たしています。キスマークをつけたがる男性の心理! それは彼女を独占したいという気持ちの表れ

自分(彼氏)を思い出してもらいたい

彼とセックスした翌日、鏡でキスマークを見ると、嫌でも昨日のことを思いだしますよね。キスマークには案外、自分(彼氏)を思い出してもらうためにつける心理もあったりします。

「離れていても自分のことを思い出して考えてほしい」なんてちょっと女々しい感じもしますが、あなたのことが大好きすぎるあまりの行動と言えますね。

こういうタイプの男性にはちょっと束縛気味の人が多いのも特徴です。

彼女を困らせたいというイタズラ感

社会人ともなれば、首元にくっきりとキスマークの跡がついていると、周りから冷ややかな目で見られますよね。男性の中にはそれを知った上で、“わざと困らせたい”がためにつけてくることがあります。

キスマークをつけられた女性も「もう! どうしてこんな見えるところにつけるのよ!」と怒りはしますが、彼にとっては「その怒った彼女を見たい」という心理もあります。キスマークをつけたがる男性の心理! それは彼女を独占したいという気持ちの表れ

男性にとってキスマークは「愛情表現」の手段

キスマークには男性によって込める意味が違います。

・彼女は俺の物だという独占欲
・自分の元から去ってほしくないという不安
・「自分は彼女にふさわしいのだろうか?」という自信のなさ
・自分以外の男性を寄せ付けないためのマーキング/嫉妬心

キスマークに込める意味は違うものの、それぞれ共通するのは「彼女が大好きだから」ということです。つまり男性にとっての愛情表現の手段なんです。

あなたも彼にキスマークをつけられることで、迷惑に感じることもあるでしょうが、内心は嬉しく思うのではないでしょうか?

キスマークをつけられるくらい愛されている証拠ですので、その愛情は素直に受け取っておきましょう。

松嶋とるての他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…