まだ間に合う! アラフォー婚活を考えます! 動くなら今!

アラフォーになり、いよいよ結婚が厳しくなってきたのでは? とお嘆きの方、まだ間に合います。でも、「まだまだ間に合います」ではありません。残された時間はそれほどありません。だから今、婚活へ踏み出す勇気と行動力が必要なんです。

加齢とともに結婚できなくなるのは事実です!

「35歳を過ぎると結婚できる可能性は1%しかない」などと言われてアラフォーの心をえぐりますが、実際のところはどうなんでしょうか?

5年に1回の「国勢調査」をもとに、5年前独身だったグループが5年後結婚しているか算出。あくまで概数になります。

 

・30歳~34歳の5年以内の結婚確率

男性 26.3%
女性 29.3%

 

・35歳~40歳の5年以内結婚確率

男性 7.1%
女性 9.6%

 

・45歳~50歳の5年以内結婚確率

男性 3.2%
女性 3.5%

 

40歳~45歳については算出できませんでしたが、おおよそ5%くらいになるでしょう。アラサーならまだまだ余裕ですが、アラフォー(四捨五入35歳~44歳)の結婚確率は10%以下、悠長に構えていられる状態ではないことがわかります。

まだ間に合う! アラフォー婚活を考えます! 動くなら今!

だから婚活の種類をよく吟味しましょう

20代、あるいはアラサーであれば、ドンと構えて、ご自身に適した出会い方を探してみるのもいいでしょう。別に婚活しなくても、習い事や趣味で恋人を探すのもありです。しかし、アラフォーになると、1年経過するごとにどんどん結婚できなくなっていきます。

子どもを産むリミットがある女性の方が不利と思われがちですが、上の確率を見ていただければわかるように、より結婚できないのは男性の方です。

「男性は年齢が高くても収入があり、若々しければOK」などと言っていられないことがわかります。そんなの無意味な自己満足です。

あるアラフォー男性の話

私が2年前(婚活を再開した当初)に、とある婚活イベントで会った男性がいました。その人、40歳だったのですが、アクティブでワイルドでとてもモテそうな感じです。でも、全然出会いがなく、結婚したいと嘆いていました。

その人、お金がある限りそれを婚活パーティーや婚活イベントに投資していると言っていました。要は、彼の場合、婚活パーティーにお金を使うのではなく、ほかの婚活をすべきなんです。

見た目は若くても、彼が行っている婚活は同年代が少ない20代~30代のものばかりなので、ターゲットが合わないんです。

 

「もう少し年齢を上げてもいいじゃないですか?」

「ダメダメ、子どもを産むときに若い女性のほうがリスクが少ないじゃないか」

「若い女性と結婚できたとしても子どもができる保証は……、Iさん(その男性)ブライダルチェックしたんですか?」

「いや、俺は大丈夫だから」

 

なんで1回5000円以上する婚活パーティーにこだわるのでしょう?

おそらく、彼はモテないタイプではないですから、過去に彼女が何人もいたのでしょう。だから、自分のやり方で絶対にうまくいくと思っています。でも、それなら婚活ではなく恋活をすればいいのに……もっとダメだと思いますけど。

まだ間に合う! アラフォー婚活を考えます! 動くなら今!

お金があるならネット婚活は捨てる、お見合いや結婚相談所に絞る

アラフォーになると、ネット婚活(婚活サイトや婚活アプリ)のボリュームゾーン(会員数が多い年齢層)ではなくなります。

また、婚活パーティーも年齢制限を超える(30代限定とか、36歳までとか)ことが多くなり、つまり、より結婚できそうな同年代とマッチングするチャンスが少なくなります。

会う機会自体が減ってしまえば結婚どころではありません。ここは、10%以下の確率を少しでも上げるために、お見合いのツテを探すか結婚相談所を頼りましょう。

お金があっても加齢は待ってはくれません。「自力」にこだわっていると貴重な年齢だけが消費されるという悪循環に陥ってしまいます。

上の男性も、婚活パーティーは空いた時間&お金があるときの「バッファ」にとどめておくべきでしょう。過去の成功体験があるとそれに囚われてしまいますが、現実はそんなに甘くないということです。

ともかく、アラフォーでは1日も早く行動することが大切です。男女問わず、加齢はまったくポイントにならないのを意識してください!

まだ間に合う! アラフォー婚活を考えます! 動くなら今!

まとめ

アラフォーになると統計上、結婚できる確率が大幅に下がり、10%を割ります。つまり、時間的な余裕はなくて、1日でも早く出会いのために動き出すべきです。

過去の恋愛経験があると、かえってその「栄光」にすがり、自分を客観視できない可能性があります。ネット婚活ではなく、お見合いや結婚相談所など第三者の協力も得ながら、1日でも早くいい人と巡り合うことが大切です。

松田(松本)謙太郎の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…