寝起きでフェラされると気持ちいいの? 男子の本音は?

寝起きの時の男子のチ●コがどうなっているかといえば、勃起しています。アサダチしている。つまりチ●コに血液なんかがしっかり行き渡っている。

それは例えば、さあこれからエッチしようとなって、前戯している最中に勃起しているのと同じ状態なわけです。

夜のセックスの時の勃起と、朝の寝起きの時の勃起とは種類がちがうなんてことはなくて、勃起は勃起です。だから寝起きでフェラされると気持ちいいです。

が、こういうのは一般論であって、個別に見ていくと一概に気持ちいいとも言い切れないこともありまして。

男子って寝起きのフェラにロマンを抱いていたりします

男子って、とりわけ若いうちは、寝起きのフェラにロマンを抱いていたりします。男子は中学生とか高校生くらいから、寝起きの勃起しているものを自分でシゴいてオナニーしていたから。

オナニーしながらクラスメイトのかわいい女子を思い浮かべ、かつ、エロ動画でしか見たことのない「フェラというもの」を想像しながら、「あ~、おれもエッチできる彼女がほしいなあ。エッチできる彼女とお泊りして、朝起きたとき寝起きのオレの勃起しているものをお口でパクっと咥えてもらいたいなあ」と思ってきたわけです。

寝起きでフェラされると気持ちいいの? 男子の本音は?

あなたが超あこがれていたかっこいい高校の先輩だって、寝起きでオナニーしてから学校に来ていました。もちろん手くらい洗って登校していたと思うけど。

そんなわけだから、彼は大学生になってひとり暮らしを始めたら、まず「寝起きのフェラ」が目標になります。

大学かバイト先で彼女をつくって、彼女を自分の部屋に連れ込んで一緒に寝て、朝起きた時に彼女にフェラしてもらいたいなあと、彼は考えるのです。

寝起きでフェラされると気持ちいいの? 男子の本音は?

ここから男の誤算が始まります

で、実際に運よくそういう彼女ができたとしましょう。

そのとき彼は「あ~、高校生の頃から夢見ていた寝起きのフェラってこんなに気持ちいいものなんだ」と狂喜乱舞します。

でも、ここから男の誤算が始まります。

寝起きでフェラして、例えば彼女のお口の中でフィニッシュして、はい終わり、とはいかないじゃないですか。

自分さえ気持ちよければいいと思っているアホな男はいざ知らず、彼女に気づかいできる男子は、寝起きでフェラしてくれた彼女の気持ちよさのことも考えます。

なので、フェラでイキそうになるのを寸止めしてもらって、今度は彼が彼女のことを気持ちよくさせる番です。

このとき彼に襲い来るのは「ふたりとも寝起きで歯を磨いていない」という事実と、「おれのモノを咥えた彼女のお口にキスをするのは抵抗がある」という2つの事実です。

寝起きでフェラされると気持ちいいの? 男子の本音は?

なので、キスなしでセックスしてフィニッシュということになって、彼女が「寝起きでフェラしたら男子は喜ぶとネットで読んだのに、喜んでいるわりにキスなしセックスかよ。キスがないと愛を感じないのよねえ……彼、わたしのこと、そこまで好きじゃないのかな」と不安に思って、でもそれを彼に言えず、ふたりの関係がぎこちなくなって……みたいなパターン。

あるいは前の日の晩、すごくお酒を飲みすぎたとか、寝ても疲れが取れないくらい疲れている彼は、寝起きフェラをしてもらいたいというより寝ていたいと思っているので、あなたが気を利かせてアサダチフェラをしようとしたら、彼は「っぜ~な~、寝たいんだよ、触ってくんじゃね~よ」と機嫌を悪くするとか。

寝起きでフェラされると気持ちいいの? 男子の本音は?

ということで、寝起きにフェラするのは、ラブラブ絶頂期の2ヵ月くらいでいいんじゃないですか。

よほどセックス大好きなカップルであれば、ラブラブ絶頂期を超えてもなお、寝起きのフェラからの朝セックスという流れでもいいのかもしれないけど、絶頂期を過ぎればとくに男子は、恋愛のことより仕事のことを考える脳が肥大して普通なわけだから、「寝起きのフェラより1分でも長く寝ていたい」と思って当たり前といえば当たり前ですよ。

ひとみしょうの他の記事を読む


この記事どうだった?

32いいね!

7うーん…